「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

共有名義の住宅は共有財産!その為に起こる問題

共有名義の住宅は共有財産、その為に起こる問題

夫婦が離婚する際には共有財産を分与する事になります。

共有財産とは二人が結婚後に取得した財産をいい、結婚の為に購入した住宅や結婚後に取得した住宅も含まれます。

しかし、共有名義の住宅を分与する話合いはスムーズに進まないのが一般的で、夫婦どちらが家を貰うかやどちらが住み続けるかなどで揉め事が起こりやすいのです。

仮に、共有名義の割合が1:1であればまだ話合いも進めやすいかもしれませんが、夫の親が住宅購入資金の頭金の何割かを負担し、残りを妻が結婚前の貯金から負担したなど、出資割合が複雑になると大きな揉め事につながります。

家の名義変更とローン

共有名義の住宅を離婚で財産分与した場合、所有者の単独名義に変える必要があります。

単に住宅の名義を変更するだけなら問題はありませんが、住宅ローンの返済途中であれば金融機関の承諾が必要になってきます。

ただし、金融機関はローン完済していない住宅の名義変更を認めないケースがほとんどです。

そうなると夫婦のどちらが住宅を貰うか(住宅に住むか)、ローンをどちらが払い続けるかなどの問題が発生してトラブルに発展します。

こうした問題は離婚後も続きますので、スッキリ別れるつもりが後々まで引きずる問題になってしまうのです。

住宅ローンの返済は続く

住宅ローンは離婚しようがしまいが、完済するまで払い続ける必要があります。

離婚の財産分与で話合いが紛糾し、住宅を売って現金にして分けようとなった場合でも、ローン返済中の家は一般的な方法で売却する事はできません。

特に住宅が共有名義で夫婦のどちらかがローンの連帯保証人になっているような時はトラブルの原因になります。

離婚後にお互い別々の生活をしながらローン返済するのは難しく、どちらかが返済を滞納するようであれば住宅が差し押さえられて競売に掛けられる可能性も出てくるのです。

共有名義と離婚のトラブル

夫婦で資金を出し合って住宅を購入したり、共稼ぎでローン返済を二人で行なっているような場合、出資額・返済額などに応じて家の名義を共有にするケースが多く見られます。

住宅を共有名義にすると「夫婦二人の家」という気持ちが強くなり、家の維持やローン返済にも力が入るというメリットがありますが、いざ離婚となるとトラブルの元になってしまうのです。

共有名義は決して悪い事ではありませんが、夫婦は離婚する事もあるという可能性を忘れると問題が起こるという例といえるかもしれません。

すでに住宅を共有名義にしており、尚かつ離婚の危機に直面しているなら夫婦で解決するのではなく専門家のアドバイスを受けるようにしてください。

離婚にて持ち家をどうするかでお悩みの方

  • 住宅ローンが残っているが離婚したらどうする?
  • もう住まない住宅も財産分与したいけど・・・。
  • 離婚する時にもめない為に家は売った方が良い?
そう、お考えのあなたならこちらの方法がピッタリです。
離婚時の住宅問題を解決するには?

離婚しても家を残す方法

  • 離婚後、家を手元に残しておきたい!
  • すぐに使わないけど将来的には住みたい!
  • 家を賃貸住宅にできないか?
など、マイホームを手放さずに残しておきたい方はこちらの方法も考えてみましょう。
離婚しても家は手放したくない!賃貸するという方法!

関連記事