「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

離婚による住宅ローン問題を避けるには?

男女が結婚し、夢のマイホームを購入。

ですが、その後離婚となった場合マイホームの処分に悩むケースは稀ではありません。

夫婦の仲が良かった時に購入した「一軒家」「マンション」は、恐らく住宅ローンを組み購入するのがほとんどです。結婚当初に離婚を考える事が無いのが普通なので、住宅ローンがトラブルを招くとは誰も考えていない事でしょう。

ですが、離婚をすることによって次のような住宅ローン問題が発生する可能性があります。

1、債務者(誰の名義?)
2、連帯保証人(連帯債務者)
3、家は誰が住む?
4、住宅ローンの財産分与
5、誰がローンの支払いをする?

これらが絡み合って複雑な住宅ローンの問題になる事もあります。

一般的にはローンの名義は夫の場合が多いのですが、離婚した際に妻名義に変更したいからといって簡単には変更できないのが現状です。

妻にそれなりの安定した収入が無ければローンの名義は銀行が替えさせてくれません。

また、離婚したからと言って簡単に連帯保証人から外れることも難しいとされています。

財産分与に関しても家を半分にすることは出来ないので、住宅を売却し残った金額を別けることになります。

残っているローンがあれば「時価」-「住宅ローンの残高」が財産分与の対象になります。この時引いた額がマイナスの場合にはマイナスの財産分与となります。

住宅を残し、夫もしくは妻のどちらかが住む場合には「名義の問題」「住む人の問題」の他にローンを問題なく支払う事ができるのかが問題になります。

夫婦が離婚する事で、それぞれ違う場所に住む事になりますが、場合によっては夫が家のローンと妻の慰謝料などを支払う事で生活の負担が大きくなりローン返済が滞る事もあります。

銀行からしてみればそんな状況にはなってほしくないので、簡単に名義の変更や保証人の変更は許してくれません。

一番トラブルになり難いのは住宅の売却

上記のような問題以外にも、どちらが住むかで争ったり、妻が住んではいても支払いは夫のまま、夫が住むが連帯保証人は妻のままなどのような状態では、離婚したのにいつの間にか借金を支払う事になってしまうという状況もあります。

もし、話に折り合いがつかないのであれば住宅を売却し「財産分与」した方が後々トラブルが少なく、分け方もシンプルに理解できます。

売却した住宅がプラスであれば残った金額を分けることになりますし、マイナスであればお互いに負担する事になります。

そのようなトラブルを避けるためにも先ずは、現在の住宅の時価や価値を調べてみましょう。その後で、住宅をどうするのかを考えるのが良いでしょう。

家の価値を知る便利サイト


イエイ【一括不動産査定サイト】

「イエイ」では、一括で複数の不動産会社に住宅の査定を依頼できるオンラインサービスです。もちろん査定は無料で行え且つ売却に関する質問や相談も受けてくれるので初めて住宅を売却しようかと考えている方にとっては心強いサービスです。

直接複数の不動産会社とやり取りできるので、実際の査定額が分かり他社との比較が出来ます。



イエウール【一括不動産査定サイト】

「イエウール」は「イエイ」と同様、一括で複数の不動産会社に住宅の査定を依頼できるオンラインサービスです。機能はほぼ同じで、提携している不動産会社に違いがあるのみです。
もちろん査定は無料、且つ売却に関する質問や相談も可能です。一つのサービスのみでは、不安が拭えないという方はこちらでも比較検討してみると良いでしょう。

「イエイ」とは違った不動産に相談する事が出来ますので、出来るだけ多くの情報が欲しい方にお勧めです。

一社だけに相談するのが不安という方はこちらの一括査定サービスも利用するのが良いでしょう。


住宅を売りたくない場合はどうする?

離婚する二人の意見が一致し、住宅を手放すのであればトラブルも少ないのですが、どちらかが手放したくないと思っている場合には違う解決方法を考えなければなりません。

また、お子さんがいるご家庭であれば、転校や引っ越しを考えると、今の家に住み続けたいと思うのが普通です。

その場合には住宅を売却せずに済み続ける方法をとることになる事でしょう。

そうなると、「どちらが住宅ローンを負担するのか?」「住まない方も住宅ローンを支払うのか?」などといった問題に直面します。

考えられる方法として、「家に住む方が住宅ローンを支払う」という方法がしっくり来るハズです。

でも、今の住宅ローンが夫(片方)だけだったり、二人で組んでいるペアローンだったりする場合があります。

この場合、一度住宅ローンを組み替える(新規にローンを組む)という手続きが必要になってきます。

住宅ローンの組み換えは、素人には分からないことがたくさんあったり、「自分のケースではどうなるの?」といった疑問もたくさんある事でしょう。

やはりこの場合専門家に相談してみるのが一番手っ取り早いのではないでしょうか?


『無料』住宅ローン相談窓口

「住宅ローンの相談窓口」では、住宅ローンの組み換え相談はもちろん、あなたの状況にあった住宅ローンの提案をしてくれます。
WEB上で、メールフォームからも相談できますし、必要であれば電話や来店での相談も可能です。

「自分のケースでは、住宅ローンを組み替えることは出来るのか?」「新規に住宅ローンを組むべきか?」など気になることがあれば、一度相談してみると良いでしょう。

※また、どうしても家を手放したくないという方は
こちらの【離婚しても家は手放したくない!賃貸するという方法!】も参考にしてみて下さい。