男性が有利に離婚する方法

妻が別れてくれない!妻が離婚しないのはあなたの準備不足が原因

妻が別れてくれない!妻が離婚しないのはあなたの準備不足が原因

「早く離婚したいのに、なかなか妻の同意が得られない!」
「妻が頑なに離婚を拒んでいて、絶対に説得に応じない!」

妻に何度も「離婚してほしい」と頼んでも、どうしても離婚はしないと拒み続けています

そんな妻とどのようにしたら、離婚できるのでしょうか?

もし、妻と離婚したいのに同意してくれないのであれば、それはあなたの準備不足!

▼妻とスムーズに離婚する方法はこちら▼
離婚調停なんかせずに、相手が離婚してくれる方法

「妻と離婚したい!」
「調停や裁判をしないで、話し合って離婚するには?」
「どうすればスムーズに離婚できるの?」
など、妻と離婚できない理由や離婚する為の方法が分かるページです。

もちろんチェックするのは無料ですので、確認してみると良いでしょう。

離婚したいのに妻が別れてくれない!どうしたらいい?

離婚したいのに妻が別れてくれない、どうしたらいいのか

別れてくれない奥さんと離婚するには法律的な理由が必要

離婚したいのに妻が首を縦に振ってくれない、そんな悩みを持つ男性がいますが、法律上離婚にはそれなりの理由(離婚事由)が必要です。

妻が離婚を拒否続けている場合、本当の理由はたいてい男性側にあります。

それは、あなたの離婚準備ができていないから。

妻の同意が無いと離婚は難しい

例えば夫側に妻以外の女性の存在があり、離婚後はその女性と新しい生活をする計画があるというようなケースです。

夫がそのためにも1日でも早く妻と離婚を成立させなければならないという状況なら、妻が離婚に同意しないというのも納得できる話でしょう。

そういった状況であったとしたら、妻がOKを出さない限り離婚届けを出す事はできません。

いつまでも離婚できない男性に対し、不倫相手から「いつになったら離婚するの?」と迫られたとしても解決までには時間が掛かりそうです。

話し合いで離婚できないなら「離婚事由」が必要

妻との話合いで成立する協議離婚が難しいようであれば、法律で定められている離婚理由(離婚事由)が必要になります。

不倫相手との関係が真剣で、妻に対して「愛している人がいるから別れて」と懇願しても、それは離婚事由と認められないためスムーズに離婚できないというのが現状です。

不倫相手の存在を告白するのはNG

不倫相手の存在を告白するのはNG
夫が自ら不倫相手の存在を妻に伝える行為は、円満な離婚を阻む原因になるだけではありません。

慰謝料を払っても離婚できない

最悪の場合は、妻が夫や不倫相手に慰謝料を請求するという問題にまで発展する可能性があります。

そこで慰謝料を支払ったからといって、円満な離婚ができるというわけでもありません。

慰謝料はあくまでも夫が浮気した事に対する賠償金で、妻の精神的な苦痛をお金で解決しただけに過ぎないので離婚問題とは別です。

状況によっては慰謝料も請求され、不倫相手との交際も許されない状況に追い込まれる可能性もあります。

夫が不倫相手の存在を隠そうとしても、妻が何かしらの方法で事実を知ってしまった場合は円満離婚が難しくなる事は明らかです。

法律上どうしたら妻と離婚できるのか?

法律上どうしたら妻と離婚できるのか?
妻に不倫相手の存在を知られず円満離婚するためには、別の離婚理由を見つける必要があります

夫婦関係が壊れている事実が必要

夫側が不倫していたという事は、すでに夫婦関係はギクシャクしていたはずです。

そのギクシャクの原因を遡って探る事ができれば、不倫以前に夫婦関係がすでに壊れていたという証拠となります。

こういった場合は焦って離婚を成立させようとせず、まず「妻との関係が壊れていた」という明らかな証拠を見つける事が肝心です。

証拠を見つける事ができれば、不倫相手の存在を明かす事なく円満離婚に持ち込む事ができます。

同時に、不倫していたという証拠を妻につかまれないよう、不倫の証拠となるレシートやメールの履歴等はすべて処分しておくようにしてください。

例えば、すでに妻に対しての未練がないのでれば、強引にでも家を出て3年以上音信不通状態にし、妻の気持ちの変化を待つという方法もあるそうです。

この方法なら、何年も音沙汰のない夫に対する妻の愛情は自然と失われ、離婚を決断しやすくなるといわれています。

音信不通の間には妻を取り巻く環境も変わるため、場合によっては妻が自ら離婚届けを提出する可能性もあります。

なぜなら3年以上の音信不通は、法的な離婚事由の「3年以上の生死不明」に該当するからです。

ただ、その場合は「悪意の遺棄」として妻有利の離婚となる可能性が高くなりますので、そのリスクを知った上で行動してください。

浮気や不倫はバレてはいけない

ここで知っておきたいのは、どんな理由があるにせよ、結婚している者として妻以外の異性と関係を持つのは許されない行為だという事です。

自分が行っている行為は絶対に許される事でなないという事を頭に入れたうえで、妻の気持ちを今以上に傷つけたり頑なにさせないよう慎重に事を進めるべきです。

離婚に同意しない妻を説得する為に使える4つの方法

離婚に同意しない妻を説得する為に使える4つの方法
奥さんと離婚したいなら、まずは話し合い!

でも、ただ単に「離婚してくれ!」と奥さんに伝えても、奥さんは納得してくれません。

次からは、奥さんと別れるための手段として4つの方法をご紹介します。

妻に離婚をしてもらう方法1:妻と別居してみる

夫婦二人で何度も離婚に向けて話し合ったのに、妻が頑として首を縦に振ってくれないとしたらどうしますか?

実際、どうしたらいいか分からないという場合は、環境をガラッと変えてみるといいのです。

別居とは、夫婦生活の破綻の始まりともいえるものです。

夫婦が別々に生活する事で、互いの冷静さを取り戻す機会が得られます。

独りになった妻は「ああ、本当に二人の関係は終わってしまったのだな」と再認識できるきっかけになります。

一つ注意しておきたいのが、妻に無断で家を出るという行為はNGだという点です。

別居する前には、必ず妻の同意を得た上で実行に移すようにしてください。

ちなみに円満離婚を実現させた夫婦のおよそ半数以上は、別居後1年程度で離婚を成立させているそうです。

妻に離婚をしてもらう方法2:いったん身を引く

いったん身を引く
何をやっても妻が離婚に応じてくれないのであれば、いったん離婚話を白紙に戻して通常の生活をしてみてください。

離婚の事を考えるのはもう疲れたとばかりに、ピタリとその話をするのをやめましょう。

ただし、家庭内では必要以上に妻と会話をしない、笑顔をみせない、楽しくしないという態度を貫いてください。

「俺は離婚に本気だ」という気持ちと態度を崩さず、同じ空間で同じ時間を妻と過ごすのです。

妻が声をかけてきたら、「そうですか」「わかりました」など敬語を使うのもいいでしょう。

かつて愛し合っていたはずの夫から冷たい態度をとられたら、いい気分でいられる妻はそうそういないはずです。

しばらくその状況が続くと次第に妻の心にも変化があらわれ、「分かりました、もう別れましょう」と、妻自身から離婚を申し出るに違いありません。

この方法で上手くいくのかと疑問に感じる人もいるかもしれませんが、思いのほか効果があるという意見もありますので試してみる価値はあるでしょう。

妻に離婚をしてもらう方法3:思い切って悪人になる

悪者になる
どうしても妻が離婚に応じてくれないのであれば、この際、思い切って悪人になってみましょう。

これは、妻がいやだと思うような行動を徹底的にするという方法です。

帰宅後に服を脱ぎっぱなしにする、食事中におならやゲップをする、飲酒で深夜遅くに帰宅して大声をあげながら寝る、テレビもすべて独占して家中を散らかしまくりましょう。

作ってくれた食事にはいちいち文句をいい、笑顔一つ見せない夫に徹してみたら、こんな夫はこっちから願い下げとばかりに妻から離婚を突きつけられるはずです。

この方法では自分が悪人になり、妻に嫌われてしまうという寂しさもあります。

そこまでする必要があると思うか否かは人それぞれですが、発想の転換という意味では興味深いのではないでしょうか。

以上のように、どうしても離婚に応じてくれない妻には、あらゆる手を使って離婚したいと思われるように努力しましょう。

妻に離婚をしてもらう方法4:プロの力を利用する

多少費用はかかりますが、離婚の専門家に相談するのも一つの方法です。

妻の出方次第では相談だけでなく、二人の間に入ってもらって円満離婚に向けて話し合いを進めるのもいいでしょう。

離婚専門の弁護士に相談する場合は1回5000円から1万円程度の費用が必要となりますが、ダラダラと続く離婚問題に早期に決着をつける事ができて効率的です。

弁護士以外にも裁判所に調停離婚申し立てを行い、調停委員という第三者を介入させた話し合いを持つという方法もあります。

これまで単なる夫婦喧嘩の延長だと思い込んでいた妻も、第三者を巻き込んでしまった以上ははっきりと離婚に向けて前に向きに話し合わなければと覚悟を決めるきかっけにもなるでしょう。

ここで注意したいのが、友人や知人、家族を巻き込まないという事です。

夫婦の身近な人間が介入すると離婚問題が複雑化し、トラブルが大きくなる危険性があるのでプロに依頼する方法をお勧めします。

ちなみに高いと思われがちな調停離婚ですが、手数料として2000円前後の費用が必要なだけなので意外と気軽に活用できます。

妻と円満離婚をするために押さえるべき4つのポイント

男性が円満離婚をするために押さえるべき4つのポイント

「円満離婚がしたい」という話をよく耳にしますが、いったい円満な離婚とはどのようなものなのでしょうか

そもそも夫婦関係が円満であれば、離婚を決断する必要はありません。

円満離婚とは、夫婦がお互いに笑顔で「それじゃあ…」「またね」と言って別れるような離婚ではなく、喧嘩や争いごとを起こさないまま時間も費用もかけずに離婚するという事を指すのではないでしょうか。

次に男性が円満離婚をするために、押さえておくべき4つのポイントを紹介します。

妻との離婚を安易に考えるのはNG!

離婚を安易に考えるのはNG
夫婦が円満でないからこそ、離婚を考えるという結果になります。

離婚を決意するくらいですから、夫婦関係はすでに悪い状況である事に変わりありません。

お互いが我慢に我慢を重ねた上で、「もう限界だ」とばかりに離婚に踏み切っているのでしょうから、口論や争いごとが起こるのは避けられないでしょう。

男性と女性では結婚や離婚に対する考え方が異なる場合もあり、お互いの関係が悪化している状態で相手の事を理解しろというのは難しいかもしれません。

中には妻に対する怒りと不満を抱えつつも、どう対処していいか分からないまま気持ちだけ焦って離婚届けにサインをしてしまう男性もいるそうです。

どんな状況であっても、離婚を安易に考えてはいけません

その場しのぎの離婚は絶対に後悔の元になるので注意してください。

妻と円満離婚に向けて情報収集をする!

離婚に向けて情報収集
男性が円満離婚に向けてできる事は、第一に離婚に関わる情報をできる限り集めるという事です。

法律の事まで詳しく勉強すると、離婚成立までにかなりの時間がかかってしまうので、そこまでやる必要はありませんが可能な限り努力してください。

集めるべき情報としては、離婚の方法と手続き、財産分与、慰謝料、親権と養育費、年金問題などが挙げられます。

これらのすべてについて習熟する必要はないにしても、一定レベルの知識は必要と考えておきましょう。

何も分からないまま離婚の話し合いに応じたとしたら、相手の思うままに離婚が進んでしまう可能性があります。

それでも後悔しないというのであれば話は別ですが、できれば自分も損をせず納得できる条件で離婚を成立させたいものです。

夫婦がお互いに納得して条件に合意したときこそが、円満離婚の成立といえるでしょう。

離婚にまつわるお金の問題とは?

離婚にまつわるお金の問題
離婚問題が長期化する原因の一つがお金の問題のトラブルです。

よく「喧嘩するほど財産を持っていないから大丈夫」という人がいますが、実際に離婚となるとお金の問題でもめる夫婦が多いのも事実なのです。

幼い子供を抱えている場合は養育費の金額で揉めたり、一方に不倫などの問題があると慰謝料の金額で揉める事もあります。

また現在ローンを抱えている場合は、その後の支払いや名義人の問題が発生して揉めやすくなるなど、さまざまな金銭トラブルを避けては通れません。

男性側が「離婚後に自分は一からやり直すから、とにかくすべて妻の条件を飲んでもいい」というような覚悟があれば離婚話はスムーズに進むでしょう。

そのような場合でも闇雲に妻の要求を受け入れるのではなく、その条件を全部飲んでも最低限の生活が確保できるのか、収入面が途絶える事がないかなどをよく考えて結論を出すようにしましょう。

一度決まった養育費の額や慰謝料の額などについては、離婚後の状況がどうあれ取り消しや変更を行うのは簡単ではありません。

お金の問題は後々まで影響するので、慎重に決めるようにしてください。

離婚に関する心の問題について

離婚に関する心の問題
最後に離婚に関する心の問題について考えてみたいと思います。

離婚後、相手に対する未練を一切断ち切れるかどうかも、円満離婚をするためのポイントの一つです。

納得できる財産分与などが行えたとしても、心の面で引きずるようなら、円満離婚とはいえません。

夫側が妻に対する気持ちの整理ができたとしても、妻側に執着や怒りが残されているとトラブルが起こる可能性があります。

そういった妻の執着や怒りは、さまざまな形で夫に向けられる可能性があるからです。

お互いに納得できるまで話し合うか、妻がすっぱりと気持ちを切り換えられるように夫側が対処しておく必要があるでしょう。

離婚となると書類上の手続きや金銭問題だけがクローズアップされがちですが、心の問題を忘れないようにしてください

離婚問題の専門家が作ったマニュアルを利用する

離婚問題の専門家
自分一人の力ではもはや円満離婚は難しいと判断した場合は、1日でも早く離婚問題の専門家の力を借りると良い。

離婚問題の専門家はこれまでの豊富な経験や知識によって、どのような状況でも円満離婚に導く事を仕事としています。

少々費用はかかりますが、自分自身の行為によって引き起こした離婚問題ですから、多少の出費は仕方がないと考えてみてはどうでしょうか。

それが円満離婚となって無事に解決できれば、離婚後は晴れて不倫相手と幸せな将来を築く事ができるでしょう。

離婚問題の専門家は、多様な知識と経験から円満離婚に向けた道を示してくれます。

とは言っても、弁護士などに相談するのは気が引ける場合もあります。

また、大ごとにはしたくないし、面倒なこともしたくないという方の方が多いハズ。

そんな方は次の「妻とスムーズに離婚する方法」をご確認ください。

▼妻とスムーズに離婚する方法はこちら▼
離婚調停なんかせずに、相手が離婚してくれる方法

「妻と離婚したい!」
「調停や裁判をしないで、話し合って離婚するには?」
「どうすればスムーズに離婚できるの?」
など、妻と離婚できない理由や離婚する為の方法が分かるページです。

もちろんチェックするのは無料ですので、確認してみると良いでしょう。

妻と離婚したいのに同意がもらえないで悩んでいる方

  • 妻と離婚をしたいけど、「離婚しない!」と拒否されている!
  • 出来ればスムーズに妻と離婚したい!
  • 離婚の準備をどのように進めれば良いのかわからない!
など、妻と離婚をしたいのだけど、話がまとまらない方や、スムーズに離婚を進めたい方はこちらを参考にしてください。

夫側男性が円満離婚する方法

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談