「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

離婚しても家は手放したくない!賃貸するという方法!

離婚した時に財産分与で揉める事はそう珍しい事ではありません。

その中でも住宅に関するトラブルは多いと言われています。

住宅の場合半分に切り分けることは出来ない為、基本的には売却しその売却額を財産分与に充てるのが一般的です。

ですが、中には家を手放したくないという方も多くいます。

その際に問題となるのが住宅ローンです。恐らく何年も若しくは何十年も残っている場合が特に悩みの種となります。

また、一人で住む場合や子供と住むだけなのに広すぎるという事もあります。

一人や二人なら少し狭めの賃貸住宅を選択した方が安く済む場合もあります。

ただ、将来的には持ち家を残しておきたいという方は多いようです。

何とかして、離婚後もマイホームを手放したくないという事であれば、他の人に賃貸物件として貸し出しその家賃を住宅ローンに充てるという方法も考えられます。

この選択肢を選ぶことで将来的にはご自身の持ち家に住むことも出来ますし、今現在高いローンを払う負担も無くなります。

今、住む必要性は無いが将来的には自分の持ち家として住みたいという方には良い選択肢なのかもしれません。

また、物件によっては住宅ローンの額よりも家賃収入の方が上回る事もあるかもしれません。

離婚で家を手放したくないという方は、家を貸し出すという事も検討してみてはいかがでしょうか?

家の管理から契約などは仲介業者へ

それでは、家を貸し出そうと思ってもいろいろと疑問や不安も出てくることでしょう。

・人に貸したらトラブルに巻き込まれないか?
・家賃は滞りなく支払ってもらえるのか?
・家の保全や修繕が大変ではないのか?
・契約とか面倒ではないのか?
・借りる人がいるのか?見つかるのか?

等々多くの疑問や不安があるかと思います。

実は、賃貸として貸し出すのを個人で行わず、仲介業者の不動産会社に任せることでトータル的に管理してもらうのが一般的です。

その分の手間や時間などを考えるとプロである不動産会社に任せるのが効率的なのです。

後は、どこの?どんな?不動産会社に任せるのかが分かればそれほど難しい事ではないのです。

不動産会社を探す際に、普通はいくつかの不動産会社に相談し見積りしてもらうのが一般的です。

複数の会社に相談する事で、家賃の相場や不動産会社によってどこまで管理してもらえるのかを比較する事が出来、ご自身に合った条件での貸し出しが可能となるのです。

ただ、複数の不動産会社を探すのは大変ですので、次の不動産一括家賃査定サービスを使う事で、地域に合った3社の不動産をスピーディーに選ぶ事が出来ます。

3社を比較する事で賃料の相場はもちろん、分からない事も相談したりする事が出来ます。

査定や相談自体は無料ですので、家を貸し出してみようかなと考えているのであれば一度利用してみると良いでしょう。


無料家賃査定【マンション貸す.com】

マンションはもちろん一戸建て等も、一括で複数の不動産会社に査定を依頼できるオンラインサービスです。もちろん査定は無料で行え且つ賃貸に関する質問や相談も受けてくれるので家を貸したい方にとっては心強いサービスです。