「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

住宅は競売に掛けるよりも任意売却の方がメリットがある

競売に掛けるよりも任意売却の方がメリットがある

相場に近い価格で売れる

任意売却という手法を初めて耳にした人は「そんな方法で上手くいくのか」と心配になるかもしれません。

もちろん住宅ローンの返済に何ら問題がければ任意売却をする必要はないでしょう。

しかし、ローン完済の目処が付いていないにも関わらず、離婚の財産分与などで早急に不動産を売却しなくてはならない場合は任意売却という方法が有効です。

任意売却はローン返済ができない場合に債権者が裁判所を通じて行なう競売と比較すると不動産市場の相場に近い価格で住宅を売る事ができます。

ローン返済が難しくなって競売で売るよりも、ずっと相場に近い価格で売却できるわけですから単純に見ても「お得になる」といえるわけです。

競売しなくて済む

夫婦離婚で財産分与の為に住宅の処分しようとしても、ローンの債権者である金融機関が同意しなければ売却はできません。

金融機関は住宅を売却してもローンが一定以上残るようなら売却に反対します。

住宅が売却できなければ財産分与に差し支えるどころか、ローン残金の支払いにも影響が出て滞納から競売という結果にもなりかねないのです。

競売では住宅は相場より安く買い叩かれる可能性が高く、離婚したのに元夫婦に借金が残るという結果になるでしょう。

しかし、任意売却という選択をすれば住宅を競売する必要はなくなります。

職場・近所に知られない

住宅ローンの完済が難しいと判断されて競売になると、「○○さんの自宅が競売される」という情報は裁判所で公示されてしまいます。

すると競売関連業者が自宅付近に聞き込みに回る事が多い為、近隣の住民には競売や離婚というプライバシー情報が漏れてしまう恐れがあります。

そこから職場にまで同様の情報が伝わって「仕事がしづらい」「この周辺には住めない」という結果になってしまいます。

離婚や住宅の売却はごくごく個人的な問題ですが、競売となると世間に隠しきれなくなるというのが事実なのです。

しかし任意売却なら一般的な住宅売却と同じで、自分で話さない限り周囲に知られる事はありません。

その他のメリットもある

住宅の任意売却のメリットとして、「売却代金すべてをローン返済に回さなくてもいい」や「新生活の資金を残す事ができる」「引っ越し費用などを捻出できる」が挙げられます。

人間は離婚しようが住宅を売ろうが、新たな生活を続けていかなくてはなりません。

競売では住宅売却の利益がすべて住宅ローン返済に充てられてしまうので、新生活への備えができないという大きなデメリットも生じてしまうのです。

離婚にて持ち家をどうするかでお悩みの方

  • 住宅ローンが残っているが離婚したらどうする?
  • もう住まない住宅も財産分与したいけど・・・。
  • 離婚する時にもめない為に家は売った方が良い?
そう、お考えのあなたならこちらの方法がピッタリです。
離婚時の住宅問題を解決するには?

離婚しても家を残す方法

  • 離婚後、家を手元に残しておきたい!
  • すぐに使わないけど将来的には住みたい!
  • 家を賃貸住宅にできないか?
など、マイホームを手放さずに残しておきたい方はこちらの方法も考えてみましょう。
離婚しても家は手放したくない!賃貸するという方法!

関連記事