「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

住宅の任意売却ならローンが残っていても売る事が出来る!

住宅の任意売却ならローンが残っていても売る事が出来る

離婚する時の財産分与で住宅を売却する場合、オーバーローンになると売却ができない可能性があります。

もしこの状態になると財産分与どころか、残ったローンを離婚後になっても夫婦で支払い続けなくてはなりません。

そこで登場するのが、ローンが残っていても住宅を売却できる「任意売却」という方法です。

任意売却とは住宅ローンなどの返済が困難になった時、不動産会社に依頼して債権者への調整を行なって貰って住宅を売却する事をいいます。

ここでいう債権者とは住宅ローンを組んでいる銀行やローン会社で、不動産会社の仲介によって住宅の売却を可能にして離婚の為の財産分与をスムーズに進めるという方策です。

住宅ローンを滞納すると…

住宅ローンは順調に支払い続けていられるならば便利なシステムです。

しかし、いったん支払いが滞ると肝心の住宅を差し押さえられたり、マイホームを競売に掛けられて失ってしまう事になります。

「まさか…」と思う人もいるかもしれませんが、住宅ローンの滞納からわずか2~3カ月で「我が家が競売されてしまった」という例も少なくないのです。

住宅が競売されればそこに住み続ける事はできず、競売された代金は住宅ローンに補てんされて手元には1円も残らず借金を抱えるという結果になるかもしれません。

離婚する・しないに関わらず、「住宅ローンを払えない」という事は「住宅を失い負債を抱える」となる事なのです。

財産分与に関しても同様の問題が発生しますので、ローンが残っている住宅の処遇には万全を期してください。

住宅の任意売却の仕組み

よく「任意売却といっても、住宅を売るという事に変わりはないのでは?」という言葉を耳にします。

一般的に住宅を売るのと任意売却の違いは、不動産会社が債権者と交渉してくれる点にあります。

そもそも、住宅ローンが停滞し、売ろうとしてもオーバーローンになるから問題が発生しているわけです。

オーバーローンになると住宅を売却しようとしても銀行などに反対され、一括返済などを迫られたり差し押さえを受けて競売に回される事があります。

こうした事態を防ぐ方策の一つが任意売却です。

不動産会社の仲介で任意売却を行なうと銀行などの債権者との交渉も任せる事ができ、競売よりも高い価格で住宅を売る事も可能になります。

つまり、離婚する際の財産分与でオーバーローンになった住宅を売却し、少しでも負債を少なくする方法が任意売却という事になるのです。

住宅の任意売却を行なう場合は、住宅のオーバーローンの度合いや債権者の意向などを確認した上で慎重に判断するようにしましょう。

離婚にて持ち家をどうするかでお悩みの方

  • 住宅ローンが残っているが離婚したらどうする?
  • もう住まない住宅も財産分与したいけど・・・。
  • 離婚する時にもめない為に家は売った方が良い?
そう、お考えのあなたならこちらの方法がピッタリです。
離婚時の住宅問題を解決するには?

離婚しても家を残す方法

  • 離婚後、家を手元に残しておきたい!
  • すぐに使わないけど将来的には住みたい!
  • 家を賃貸住宅にできないか?
など、マイホームを手放さずに残しておきたい方はこちらの方法も考えてみましょう。
離婚しても家は手放したくない!賃貸するという方法!

関連記事