「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

シングルマザーの現実は厳しい!?借金離婚後の養育費支払いの実態

借金離婚後の養育費支払いの実態

子どもを抱えての離婚は女性にとっては大きな問題です。

特に専業主婦として長く仕事から離れた生活をしてきた方にとって、女手一つで子どもを育てながら仕事も続ける生活は簡単ではありません。

だからこそ、離婚後の生活苦の事を考えて元夫から養育費等を受取る約束をとりつけるのですが現実はそう甘くはないようです。

離婚の際に話し合った養育費の支払いをめぐって、多くの方が離婚後トラブルとなり元夫から毎月支払われるはずの養育費が受取れない方は全体の約8割以上になります。

子どもを育てる為早期に働き収入を得なければいけな状況であるにも関わらず、子連れの女性が働ける先はとても少ないのが現状。

たとえ働き先が見つかったとしても子連れの女性が月に働ける時間は短く、結果的に収入は極僅かで当然生活は苦しくなり、離婚後まともな生活をするために借金に手を染める方も少なくないのです。

元夫の収入が安定し毎月計画通りに養育費を支払ってくれるという保証があれば、問題はないのですが借金が理由で離婚した場合は養育費が受取れないのがほとんどです。

それでも、子どもと二人生きていく為には借金まみれの元夫から少しでも養育費を受取りたいと考える場合はどのようなアクションが必要なのでしょうか。

借金まみれの元配偶者の養育費支払い状況とは

まず、ここで見て欲しいのは離婚後の養育費の支払い状況です。

法律上、養育費とは親である以上子供が生きていく為に扶助するのが当然という考えで、そのための費用として養育費を支払うこととされています。

親の離婚、借金といった問題があっても子ども成長には絶対に欠かすことのできない養育費なのですが、離婚の際に決めた養育費の支払いを果たさない親がかなり多いのです。

養育費を受取れない女性は消費者金融から多額の借金をしたり、生活のために風俗で深夜働くなど育児にも悪影響を及ぼしているという実態を受けた政府は、万が一養育費の支払いが滞った場合将来の分まで継続的に給与の差し押さえができるとした法律を改正。

それ以後、養育費の支払いについては少なからず改善されたと言われていますが、それでも元夫が多額の借金を抱えている場合養育費の額が減額されたり支払いが滞るなどの状況も今だ発生しているのは事実です。

離婚後、借金まみれの元配偶者から養育費を受取るには

養育費が受取れない場合、実家や友人消費者金融から借金をして、生活をしなければならないケースもありますが、それではいつまでたっても借金まみれの生活から抜け出すことができず何のために離婚したのかさえ分からなくなってしまうこともあるでしょう。

そのような事態を避けるために、借金まみれの元夫から確実に養育費を受取る方法を考える必要があります。

まず、何よりも重要なのは離婚の際に養育費の支払いについて、事細かく記録し法的効力のある公正証書に残すことです。

多額の借金返済で養育費まで首が回らないと訴える元夫もいるようですが、そのような言い訳は親として通用しませんので無視してください。

そもそも、自分で勝手に作った借金が原因で離婚したのですからその状況に妻と子どもを巻き込むのは男としてそして親として最低のことです。

どのような理由であれ、養育費は確実に受取る覚悟を決めましょう。

場合によっては元夫が自己破産を申し立てることもあるかもしれませんが、それでも養育費の支払い義務からまぬがれることはできませんので安心してください。

そして、毎月何日にいくら支払うと約束する、万が一支払いが滞った場合には給与や預金を差し押さえるなどの強制的回収を実行するなどの取り決めを行なうといいでしょう。

そして現在、養育費の滞納によって借金を抱えた生活を送っている方でも諦めずに滞納部分の養育費の請求も行なうようにしてださい。

養育費の時効については滞納から約5年という期間が設けられていますので、その分の養育費が回収できれば借金に手を染める必要もなくなるでしょう。

借金やお金の問題で離婚を悩んでいる方

  • 借金が原因で離婚しそうな時
  • 家族に借金がある事を知られたくない!
  • 離婚を避ける為にお金を整理したい時
など、お金のトラブルの解決を考えているのであれば、こちらの方法を検討してみましょう。
借金と離婚問題を解決する方法は?

関連記事