「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

借金で離婚しないために!家計管理から浪費癖を見つめ直す!

家計管理から浪費癖を見つめ直す

借金が原因で離婚をする前にやるべきことはいくらでもあります。

いくら生活費を補う為とはいえ、夫や妻に内緒で多額の借金を作ってしまっては、離婚を回避できない最悪の状況になる事もあります。

再スタートのために苦肉の策で決断した離婚、借金による離婚はその後の生活にも大きな影響を与えることが予想されます。

そんな借金が原因の離婚を避けるためにも今できる対策を行なうようにしましょう。

自分や夫の浪費癖を確認しよう

夕食の買い物が目的でデパートに行ったのに、ついつい目に留まる衣類やバック、その他アクセサリーなどを購入していませんか?

その他にもご近所の奥様と同じレベルで娯楽を楽しむためにとついつい背伸びをしていませんか?

衝動買いや見栄を張っている行動は収入と収支のバランスを悪くし、気がつけばいつの間にか借金返済に追われる日々を送っているなんてことも珍しくありません。

夫が汗水流し働いたお金をそんなことに使ってしまったなんて相談もできず、借金が借金を呼ぶ最悪の状態で離婚を要求さえるケースも多く見られます。

また夫が趣味に没頭するあまり、生活費を圧迫するような買い物をしてはいませんか?

その他毎晩仕事のつきあいだと言い訳を盾に毎晩飲み歩きやホステス通い、競馬や宝くじなどに浪費しているなんてことありませんか?

小遣いの範囲内で趣味や飲み歩きを楽しむ程度であれば問題はありませんが、収入と支出のバランスを無視したお金の使い方はいずれ借金に手を染める危険性も高くなります。

夫や妻の浪費癖を見てみぬフリをし互い名義のクレジットカードの使用を見逃していては、いくら離婚という手段をとったとしても借金返済から免れることは出来ませんので十分注意をしなければいけません。

浪費癖の果ては依存症?

特に自宅にこもり家事や育児に専念している女性に多く見られるのが、買い物依存症です。

ストレスなどが原因とも言われていますが、買い物をすることで満足感を得ることが出来る為買い物をし続けないとストレスからイライラや夫婦ケンカ、家事や育児にも大きな影響を与えるのが特徴的です。

しかも自分が買い物依存症であることを認識できない為、借金の額が増えてもさほど危機感を募らせない人もいます。

自分名義の借金であれば、当然離婚後毎月の返済に追われる毎日になることは明らかです。

ただここで注意したいのが、夫名義のクレジットカードを妻が使用している場合や夫が保証人になっているカードやショッピングの有無です。

万が一夫が絡むショッピングが発生している場合には、妻と離婚しても借金返済の義務が生じる場合があるため妻の浪費癖や買い物依存症の症状が確認できたらすぐにカードの使用停止などの処置をとるようにしましょう。

浪費癖を治す方法

借金が理由の離婚を回避するためにも、今すぐ浪費癖を改善しなければいけません。

これは、自分自身の浪費癖もそうですが、夫の浪費癖を少しでも感じたらすぐに対処するようにしましょう。

ただ、浪費癖はストレスなど精神的な状況やこれまでの生活環境によっても大きくさゆうされますので、短期間で改善されることはありません。

焦らず、時間をかけできることからはじめるようにしましょう。

まず必要なのは、収支と収入の額を目で確認することです。

妻一人だけで家計簿をつけている場合は定期的に夫にもその数字を確認してもらうようにしましょう。

さらに買い物依存症など行き過ぎた浪費癖のある妻や夫に対しては、クレジットカードを作らず現金で購入させる癖をつけましょう。

1日に使用できる額を決めておき、その範囲内で娯楽や趣味の買い物を楽しめるよう工夫するといいでしょう。

借金による離婚を回避するには今置かれている生活のスタイルを一から見直すことが先決です。

借金やお金の問題で離婚を悩んでいる方

  • 借金が原因で離婚しそうな時
  • 家族に借金がある事を知られたくない!
  • 離婚を避ける為にお金を整理したい時
など、お金のトラブルの解決を考えているのであれば、こちらの方法を検討してみましょう。
借金と離婚問題を解決する方法は?

関連記事