「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

夫側に原因がある離婚の離婚慰謝料の相場はいくら?

夫側に原因がある離婚の離婚慰謝料の相場はいくらか

結婚するよりも何倍もの労力を必要とするといわれるのが離婚です。

離婚の話し合いの場でどのような問題が起きるのかは、実際に経験した人しか分からない部分があるでしょう。

といって、何の準備もなく離婚の話し合いに応じてしまうと、妻側から提起される問題に対応できず後手に回ってしまう可能性が高いのです。

その代表的な例が、離婚に際して支払う慰謝料です。

慰謝料は一方が相手方に対して苦痛や損害を与えた時に賠償金として支払うお金です。

離婚でいえば原因を作った側、もしくは非がある側が、相手方から請求を受けた場合に慰謝料の支払いを行なう事になります。

そうした場合の慰謝料には相場がありますので、請求を受ける可能性があるようなら事前にリサーチしておいてください。

慰謝料の支払い額によっては、離婚後に生活に困る状態に陥ってしまうケースも少なくありません。

そのような状況を避けるためにも、自らに原因がある場合の離婚では、どのくらいの慰謝料を払うべきなのかを確認しておきましょう。

不貞行為が原因で離婚する場合

自分の不貞行為(浮気や不倫)が原因で離婚する場合の慰謝料の相場です。

妻の立場から見て、夫に浮気や不倫をされるのは最大の侮辱と考える女性もいます。

夫や子供のいる家庭を守るために努力してきたのに、自分の人生を否定されたような気がしたと怒る女性もいます。

いずれにしても、夫の浮気や不倫の事実を知った妻の怒りや失望は相当なものでしょう。

妻が抱える精神的苦痛を金額に換算すると、およそ100万円から300万円というのが慰謝料の相場とされています。

婚姻期間や浮気相手との関係の長さによっても金額は異なりますが、大体の相場はそれくらいと考えていいと思います。

不貞行為が原因の離婚で夫から慰謝料を全額受取れない場合、浮気相手に対しても慰謝料を請求できるので注意してください。

性格の不一致が原因で離婚する場合

最も多い離婚理由に挙げられているのが、夫婦の性格の不一致です。

性格の不一致という理由には様々な要素が含まれているため、ひと言で簡潔に説明のできるものではありません。

何となく気が合わないというのも性格の不一致ですし、価値観が全く違っていて共に生活するのが苦痛というのも性格の不一致でしょう。

性格の不一致を理由に夫が妻に対して離婚を言い出した場合、原則として慰謝料は発生してきません。

ただし、単なる性格の不一致という理由で離婚を承諾する妻は少ないでしょうから、離婚を成立させるために慰謝料という名目で多少の金額を渡す場合もあります。

その相場は80万円から100万円程度とされています。

妻が相場の金額では承諾しない場合は、俗にいう手切れ金的な意味合いを含めた金額を渡すという方法もあります。

すんなりと離婚したいのであれば、お金で解決するという手段も一つの方法です。

セックスレスが原因で離婚する場合

セックスレスが原因で離婚に踏み切るケースも近年多くなっています。

夫側の言い分として、妻が女性としての魅力を磨く努力を怠っていてセックスする気分になれない、という理由もあるかもしれません。

妻側の言い分としては、夫のセックスに嫌悪感を覚えていてセックスする気分になれない、という部分もあるでしょう。

しかし、セックスレスは法的に認められている離婚事由(理由)の一つであり、裁判になれば原因を作った側に不利になる可能性もあるので注意が必要です。

セックスレスを理由に離婚を言い出す場合、慰謝料の相場は80万円から100万円程度とされています。

その金額を払ってでも妻と別れたいと思っているなら、まずは相場の金額を準備しておくようにしましょう。

嫁姑問題が原因で離婚する場合

嫁姑問題は本当に厄介だ、と言う話はよく耳にします。

妻にせよ母親にせよ、結婚前から仲が悪くなろうと目論んでいるわけではないでしょうが、お互いの生活スタイルや考え方の違いから発生してしまうのが嫁姑の問題です。

中途半端に夫(息子)が仲裁しようとしても、火に油を注いでしまう結果になる事が多いのも現実でしょう。

嫁姑問題は夫婦の問題とイコールというわけではなく、この問題が原因での離婚する場合の慰謝料の相場はやや低めになっています。

それは夫婦のどちらにも非があると判断されるためで、その相場はおよそ50万円から100万円程度と考えればいいでしょう。

以上のように、夫側から離婚を言い出した場合の慰謝料の金額はケース・バイ・ケースです。

いささか高めの予算を必要とする慰謝料もありますが、その額を払ってでも離婚をしたいと気持ちがあるなら少しずつでも準備するように努力してください。

現実に離婚となった場合、妻が請求する慰謝料の額があまりにも相場より高いなら、事前に調べた相場金額を提示して納得できる価格まで減額を要求するといいでしょう。

妻と離婚したいのに同意がもらえないで悩んでいる方

  • 妻と離婚をしたいけど、「離婚しない!」と拒否されている!
  • 出来ればスムーズに妻と離婚したい!
  • 離婚の準備をどのように進めれば良いのかわからない!
など、妻と離婚をしたいのだけど、話がまとまらない方や、スムーズに離婚を進めたい方はこちらを参考にしてください。

夫側男性が円満離婚する方法

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事