「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

慰謝料の重要性

今後配偶者の不法行為が原因で、離婚の手続きを進めようと考えている方は、慰謝料等の請求も行うとおもいます。
その場合、慰謝料の基本的な知識を身につけ、スムーズな処理が出来るように準備を整えましょう。

民法において慰謝料とは、精神的、肉体的苦痛によって人を傷つけるような事があったら、その者は代償として、対象者に金銭を支払うこと、支払われる金銭で、その埋め合わせをするというような内容が記載されています。

つまり慰謝料とは、相手から受けた心の傷や肉体的な傷を金銭で解決するという考えになります。
精神的なダメージがお金で解決出来るのかというと不満に感じることもあるはずですが、慰謝料は離婚の生活を安定させるためには、重要な金銭となります。

キレイ事では済まされない重要な事項ですから、最低限の知識を取得するようにしましょう。

財産以外の損害の賠償について

妻や家族、その他人の体を傷つけ、自由を奪い、名誉を侵害したり、財産権を侵害した時には、損害賠償金として、慰謝料を支払わなければなりません。

もちろんお金を支払った所で、その人の受けた傷が完全に癒されるとかぎりません。
ただ、離婚を決断するにいたって受けた精神的な苦痛だけでなく、離婚後の生活苦を考えると慰謝料を請求するというのは、当然のことなのです。

精神的な苦痛から立ち直るためには、ある程度の時間がかかると予想されます。
十分に回復するためには、ある程度の経済的ゆとりと、安定した生活を確保する必要があります。

慰謝料を得ることで、少なくとも生活困窮からは免れ、ゆっくりと精神のダメージを和らげる事に繋がるはずなのです。
離婚によって発生する慰謝料は、このように不法行為をした配偶者が精神的、肉体的ダメージを受けたと主張する配偶者に対し、支払う金であるという事を覚えておきましょう。

慰謝料の相場について

例えば、夫の浮気が原因で離婚することになった場合、妻はいくらの慰謝料を受け取ることができるのでしょうか。
慰謝料とは、不法行為をしたものが、もう一方の配偶者に対し支払う金銭のことですが、一般的に浮気が原因の慰謝料は100万、暴力・DVの場合は200万程度となっています。

ただし、慰謝料の額は、法律で定められているわけではなく、それぞれの夫婦の離婚原因において全く異なります。
その為、、一般的な価格が、すべての状況にあてはまるとはかぎりませんので注意をしましょう。

特に離婚の理由の中で最も多い、性格の不一致にいたっては、慰謝料の算定も全くことなり、場合によっては、慰謝料の請求を却下されるケースもあります。

ただどうしても慰謝料の目安になるものが欲しいと思っている人は、司法に関する統計書などを参考にすると、ある程度の相場というものは把握できるはずです。

何度もいうようですが、それぞれの離婚の原因や状況、その他すべてを考慮した上で、価格が決定されますので、その事例が自分のケースにあてはまるとはかぎりませんので、注意をし、あくまでも参考程度に留めておくようにしましょう。

ちなみに夫婦それぞれに不法行為があった場合には、当然慰謝料を請求する事はできません。
しかし慰謝料と財産分与は全く異なった事項となっていますので、財産分与を請求する事はできるでしょう。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事