「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

不貞行為による離婚とは

離婚原因の一つに不貞行為というものがあります。
不貞行為とはどのようなものなのかを理解し、万が一自分がそのような立場に置かれた時、正しい対処が出来るよう心得ておきましょう。

不貞行為とは

離婚原因で上位にランクインする不貞行為とは、配偶者のある者が、配偶者以外の異性と性的関係を持つことを示しています。
簡単に説明すると夫婦という契約を交しているにも関わらず、妻や夫以外の異性と浮気・不倫をする行為のことを言います。

結婚という法的な手続きを得て、夫婦になった以上、貞操義務を負う必要があります。
貞操義務に反し、婚約関係以外の異性と(枕を交わす)をした場合には、配偶者の不貞行為という理由で離婚が要求出来きます。

但し、不貞行為を理由に配偶者へ離婚請求をするときには、不貞行為をしたという事実を証拠として提出する必要があります。
例えば、ホテルでの密会の写真、不貞行為の現場写真等などがありますが、裁判所では、詐欺や詐称行為を予防するために、不貞行為の証拠については厳しい制限を設けています。

今後不貞行為によって離婚を請求する予定にある場合は、予めどのような書類が必要であるのかを調べておくといいでしょう。
裁判を行う場合には、「不貞行為によって婚姻を破綻させたのか」というのが重要なポイントとなります。

不貞行為を理由に離婚を請求する時のポイント

不貞行為を理由に離婚を要求する場合は、証拠となるものが必要となりますが、素人でその証拠を集めるのは非常に難しく、危険が伴う場合があります。

万が一パートナーに気づかれてしまった場合には、証拠隠滅の恐れもありますので、スムーズに離婚をすることができなくなるでしょう。

また浮気や不倫をしていると思われる配偶者が、配偶者以外の異性と食事やドライブ、キスやメールのやりとりといった状況だけでは、不貞行為として離婚を請求する事はできません。

法律上の不貞行為とは、あくまでも肉体関係、性的な関係の有無が問題となっていますので、その証拠を準備しなければならないのです。

不貞行為として離婚を請求出来ない場合として、プラトニックな関係というものがあります。
特に熟年者の場合、精神的な繋がりだけで配偶者以外の異性との親密関係を続けている場合があります。

その場合は、不貞行為を理由とした離婚請求は難しくなります。
ただし、慰謝料の請求は出来ないものの、これが原因で婚姻関係が破綻したというのであれば、裁判で離婚を請求することは出来るかも知れません。

1回だけの不貞行為で離婚はできる?

信頼しているパートナーに1回でも裏切られてる行為は、本当に許しがたい事実ではあります。
その為、たった1回の過ちであっても、それを許せるといった人は少なく、すぐに離婚という形を取る人もいます。

しかし法律上は、1回の不貞行為を立証するのが難しいということと、それが原因で婚姻関係を破綻させてしまったっと判断するのが難しいことから、離婚を認めることが難しいとも言われています。

不貞行為を理由に離婚という道を選択する場合は、継続的な裏切り行為を性的関係にあったという確実な証拠が必要となるでしょう。
 

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事