「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

離婚で受けるストレスを回避する心得

芸能人は短い交際期間を経て結婚をし、その後数ヶ月で離婚をするなどなんとなく、簡単に離婚を経験しているように思えます。
そんな状況もあってか、若い人を中心に簡単に結婚をし、簡単に離婚をしているようなケースが急増しています。

幸せな結婚とは違い離婚は、世界で一番愛していたはずの人と別々の道を歩むと決意するのですから、それ相当のダメージを受ける事は避けられません。

結婚生活が短かったにせよ、精神的な影響力というのは、かなり大きいと考えられます。
ある人は、離婚は、家族や大切な友人の死に匹敵するほどのトラウマであると表現している方もいます。

それほど離婚が与えるストレスは大きく、過去と決別することは非常に難しいというのです。
精神的に大きな影響を与える離婚をどうしても避けられない状況にある方は、離婚後のストレスを出来る限り解消し、次のステージで幸せを手に入れるように努力をしましょう。

現在離婚を視野にいれ行動している方は、離婚後に訪れるストレスをどのように改善できるのか、実際に離婚を経験した方やそれらを専門的に扱っている方からの意見を取り入れて対処できるよう心得ておきましょう。

感情をすべてオープンにする

離婚したことを周囲の人に隠し、ひたすら明るく振舞っている人がいますが、それでは、何時まで経っても離婚という過去と決別することはできません。

つらい、悲しい、苦しい、後悔や嫉妬、罪悪感や絶望感、不安などの感情を表に出さず、ひた隠しにするのは、かえってストレスを増殖させる結果になります。

特に小さなお子様を抱え離婚をした場合は、子どもの前で泣いたり、怒ったりできないことから我慢をしがちです。
しかしその結果感情のコントロールが不安定になり、離婚後に体調を崩したり、うつ病を発症するケースが多いと言います。

離婚をした後というのは、誰しも悲しみや苦しみ、絶望感や不安になるのは、当然の感情です。
子どもにもそのことを説明し、時々大声で泣いてください。

心にある負の感情を表にさらけ出すことで、次第に離婚といった過去を洗い流し、前向きな姿勢を整える事ができるようになると思います。

相手が悪くても自己責任を受け入れる気持ち

パートナーの不貞行為や暴力、生活不一致など様々な理由で離婚をしたとはいえ、その責任を相手に押し付けてはいけません。
こんなにつらい状況にしたのは、相手のほうで自分は一切悪くない、という気持ちが勝っているうちは、離婚をしたことのストレスから逃れる事はできません。

パートナーのとった行動が離婚のきかっけになったかもしれませんが、そうなった原因は自分にあるのだと認める事も重要です。
この先に新しい出会いがあるかもしれません。

今度こそ確かな幸せを手に入れるためにも、離婚の原因を自分にもあったのだと実感し、離婚という決断をこころから受け入れるようにしましょう。

その他にも新しい出会いに積極的に行動をしたり、家にばかり閉じこもらずに、アクティブに外の世界を感じるようにしましょう
離婚後のストレスを解消するのは、時間が必要です。

ただ長く引きづらないためにも自分で出来る努力は行うようにしてください。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事