「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

性格の不一致が圧倒的!前配偶者との再婚の可能性は?

離婚を経験したのに、いまだに、前の配偶者の事が気になる、もう一度一からやり直したいと考えている、そういう方もいるのではないでしょうか。

しかし、恋愛関係にある男女とは異なり、離婚という手続きを済ませてしまった二人が再び関係を持つためには、これまで以上に高いハードルを越えなければなりません。

国内においての離婚率は、諸外国のケースに比べても非常に低い数字になっています。

つまり、離婚からの復縁はさらに少なく、それだけに難しいと言われているのです。

日本人というのは、わが道を全うする者は少なく、何か行動を起こす場合、周囲の目を確実に気にする人種です。

そのことから考えても離婚という経験自体マイナスととらえる文化にある日本で、離婚した元配偶者と復縁という事になると、好奇の目にさらされる事は、最悪覚悟しなければならないのです。

自ら苦しい状況を招かないためにも、どうして離婚するのか、離婚という道を本当に進んで良いべきかを改めて考えてみてはどうでしょうか。

とかく離婚からの復縁は厳しいという事だけは、頭に入れておくといいでしょう。

離婚の原因ナンバーワンは性格の不一致

離婚の原因で最も多いのが、「性格の不一致」です。

しかし、良く考えて下さい。

夫婦という形だからこそ、「性格の不一致」は、「離婚」という最悪の状況に繋がりやすいのかもしれませんが、そもそも、男女間で生活のすべてが合致するということはあり得ないのです。

つまり、結婚した相手と、意見が合わない、とイライラしたところで、次ぎもまた同じような事が起きてしまうのです。

考え方の違いの溝を埋めてみよう

要するに男女関係を成立させるためには、性格の合っている部分は良しとし、合わない部分に関しては、個性であるととらえるのが妥当なのです。

意見がぶつかりあうたびに、イライラし、喧嘩をしていては、溝は深まるばかりで、結果離婚という状況を作ってしまうのではないだろうか。

例えば、それによって「離婚」をし、「復縁」を希望した場合でも、再び二人の関係を良好にするためには、夫婦がなぜ離婚に至ったのか、その考えの違いや夫婦で作った溝を埋めるといった作業は必要不可欠なのです。

離婚した相手の考えを尊重することが復縁成功の第一歩

性格の不一致が原因で、離婚した場合、相手に復縁を迫ってもそう簡単に元の夫婦に戻る事はできません。

まずは、自己中心的な考えを改め、相手の考えや意思をなにより尊重してあげる事が重要ではないでしょうか。

ただただ、自分の思うばかりを伝えて復縁を迫っても、一度離婚をした二人の気持ちのズレが修正されることは無いのです。

自分を変えていくことで避けられる最悪のケース

離婚からの復縁は、非常に難しいと言われています。

だからこそ、離婚という状況を出来る限り避けなければなりません。

その為には、「復縁」を視野にいれた「別居」という形をとる事も一つの方法かもしれませんが、相手の気持ちが完全に離れている場合の別居は、離婚という結論に大変近い状況にあります。

その前に出来る方法としては、自分自身を変えることでしかないのです。

性格の不一致が原因であるならば、まずは、相手に認めてもらえるような自分にチェンジすることしか他に道はありません。

結婚とは、もともと互いの魅力に惹かれあってするものですから、理想に反している事は無いはずです。

ただ結婚生活を進める中で、若干の理想と現実の相違点があったはずです。

そこを修正することで、離婚という考えから脱却し、再び二人が愛し合う「復縁」という形に運ぶ事ができるかも知れません。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」


関連記事