「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

離婚問題を解決するための考え方

離婚が頭をよぎったけど、まず考えるべき事は?

愛し合って結婚した二人でも、「もう離婚するしかない」と感じる瞬間はあります。離婚が頭をよぎった時、まず何を考えればいいのでしょうか?
後で悔やまないためにも離婚を考えてしまった時に考えるべき事をご説明します。

1、「離婚とは何か?」を考える

「離婚って夫婦別れする事でしょ?」「離婚は離婚じゃないの?」というのは単純すぎる考え方です。かつて二人が結婚した時は幸せいっぱいで、フワフワした気分のまま結婚式から新婚旅行、入籍を済ませたという人もいるかもしれません。

たとえそんなカップルでも、よくよく思い出してみると、お互いの両親と顔合わせしたり、式場や披露宴の内容を決めたり、新居を探したり…等々、何かと面倒な事が山積みだった事を思い出すはずです。

離婚も同様で、結婚した二人が正式に他人になるまでには、結婚時よりも面倒な事が目の前に待ち構えています。単に離婚届に印鑑を押して「じゃ、これからは他人ね」というわけにはいかないのが離婚だと肝に命じておく必要があるでしょう。

2、「誰かの意見」を聞いて考える

離婚に対する考え方は人それぞれです。誰かに相談しても「離婚なんて馬鹿な事を言うな」という人もいれば「離婚、いいじゃないの!」という人もいるでしょう。いろいろな意見を聞いているうちに、どんどん頭が混乱してくる結果に陥る可能性もあります。

かりにそんな結果になったとしても、離婚が頭をよぎったのなら誰かの意見を聞いてじっくり考えてみてください。そうすれば離婚に対する考え方は、十人の人がいれば十通りある事が分かるはずです。

そうして誰かの意見を聞く事で、離婚に関しては「いろいろな考え方がある」事が理解できます。離婚には正解はありません。あるのは離婚後に幸福になるのか・不幸になるのかの違いだけです。自分自身が不幸にならないためにも、誰かの意見を聞いてじっくりと考えてください。

3、あなたにとって「離婚とは?」

離婚が頭をよぎるのはどんな瞬間でしょうか?夫(妻)に我慢ができなくなった時、親族に不満があって上手くいかない時、結婚生活を清算して自由に生きたくなった時など、キッカケは百人百様です。

頭の中を離婚という言葉がよぎったら、自分にとって離婚とは何を意味するのかを考えるべきです。「とにかく夫(妻)と別れたい」「不愉快な状況から逃れたい」「このままでは自分だけが損をする」などネガティブな理由で離婚を考えてはいませんか?

今現在が不満でいっぱいだとしても、単に離婚するだけで状況が改善するとは限りません。離婚したらといって元夫(元妻)から完全に逃れられるとは限らないし、元親族ときっぱり縁を切れるという保証もないからです。

離婚が頭をよぎったら、まずは自分が「ネガティブな事から逃げようとしていないか」を確認してください。最終的に離婚という結果になるとしても、ネガティブな事から逃げるだけでは幸福をつかむことはできないからです。

本当に離婚するべきか冷静に考える事とその方法

離婚とは単に「夫婦が別れる事」ではありません。夫婦別れする事により戸籍を抜いて赤の他人になる、共有財産を二人で分与する、離婚した事を周囲に知らせる等の煩雑な問題も発生します。

同棲カップルや恋人が別れるのとは異なるのが離婚といえるのです。以下に、本当に離婚するべきか考えた時、冷静になる方法や何を考えるべきかをまとめてみました。

勢いでエスカレートしない

何かのきっかけで「離婚しよう…」と思い付くと、どんどん勢いがまして「離婚しかない!」「ぜったい離婚する!」とエスカレートする人がいます。このような人は離婚さえすれば幸福になれる・辛い事がなくなると考えがちです。

実際には離婚しても何も解決しなかったり、今以上にトラブルや問題を抱えてしまうというケースも少なくありません。離婚という言葉が頭をよぎったら、まず落ち着いて冷静になる事が重要です。勢いだけでエスカレートしていくと、予想以上に弾みがついて引き返せなくなるので注意してください。

知人・友人に言いふらさない

離婚を考え始めると、ついつい知人や友人に離婚話をしたくなります。「離婚するってどんな感じかな?」「もし私が離婚するって言ったら驚く?」等々、離婚を匂わせる発言をすると後悔する事になります

相手は「あれ、この人離婚を考えてるのかな」「もしかすると離婚が近いのかも…」となり、噂が広がっていって「離婚するらしい」と囁かれるようになります。その結果、あまり親しくない人からも「離婚するんだってね」「旦那さん(奥さん)と別れるんだって?」などと言われて追い詰められる事になるのです。

信頼できる人だけに相談する

愛し合って結婚した夫婦が離婚を考えるのですから、誰にも相談しないというわけにはいきませんね。離婚問題で誰かに相談したいなら、ぜったいに信頼できる相手に限定してください

頭の中が離婚問題でいっぱいになると、つい話を聞いてくれる相手に相談してしまいがちです。その相手が信頼できるなら問題はありませんが、真面目に話を聞いているようでも内心では(へぇ、離婚だってさ)(これは面白い話を聞いたわ)と考えている可能性もあります。
冷静に離婚問題を考えるためにも、相談相手は厳選する必要があると知っておきましょう。

時と場所を選んで冷静に考えよう

あなたが「本当に離婚すべきか?」と悩んでいるなら、いちばん大切なポイントをお教えします。それは離婚問題を冷静に考えるには、時と場所を選ぶべしという事です。離婚について検討するには次のような時と場所を選んでください。

  • 疲れていない時(疲れていると悲観的になります)
  • 冷静な心理状態の時(カーッとなっている時は避けます)
  • 夜以外の時間帯(夜に考えるとネガティブになります)
  • リラックスできる時(仕事や家事などが忙しい時はNGです)
  • リラックスできる場所(一人きりの暗い部屋で考えるのはNG)

離婚は人生の一大事です。その時の感情や状況に流されず、冷静に是非を判断する必要があります。心身ともに疲れ切っている時、感情的になっている時、意地を張った状態の時に判断を下すのは避けてください。

離婚をする時に必要な手続き

離婚をするとなったら、さまざまな手続きが必要になります。あなたが「えっ、離婚届を出すだけじゃないの?」と思っているならそれは間違いです。今後、実際に離婚するか否かに関わらず、どんな手続きが必要になるかを知っておきましょう。

離婚届の提出

離婚届は正式名称を「離婚届出書(りこん-とどけでしょ)」といい、戸籍法に基づく行政機関への書類です。この書類を行政機関(市区町村役所)に提出して受理されると、夫婦の離婚が正式に成立します

書類の提出には次の書類が必要です。

協議離婚の場合

離婚届出書に添えて、本人確認の書類(運転免許証やパスポート等)を提出する
届出書には夫婦それぞれ署名・捺印のほか、成人の証人2名の署名・捺印も必要
(夫婦・証人とも氏名、生年月日、本籍地の住所を記入する)

調停離婚の場合

離婚届出書に添えて、調停調書の謄本を提出する

裁判離婚の場合

離婚届出書に添えて、判決・審判所の謄本と確定証明書等を提出する

離婚する本人に関する届出

離婚する夫・妻本人に関しては以下の届出が必要になります。

住民票の移動

結婚当時の住居から引っ越して住所が変わる場合は住民票を移動します。
同じ市区町村内に引っ越す場合は「転居届」、それ以外の地域に引っ越す場合は「転出届」と「転入届」が必要です。

世帯主変更届

各世帯には「世帯主」というものがいます。結婚当時は夫が世帯主であった場合、妻は離婚後に新たな世帯主を決めて届け出る必要があります。逆の場合も同様です。

印鑑登録の名義変更届出

離婚して名字(姓)が変わった場合、また住所が変わった場合は新たな印鑑登録をする必要があります。

運転免許証の届出

離婚で名字(姓)や住所が変わった場合は、運転免許証の名義変更が必要です。必要書類は本籍地が記載された住民票と運転免許証ですが、印鑑も持参してください。

銀行口座の名義変更届出

離婚で名字(姓)や住所が変わった場合は、銀行口座の名義変更も行ないましょう。必要書類は本籍地が記載された住民票と本人確認書類、通帳、キャッシュカード、旧姓の印鑑です。※銀行により多少の違いがある場合もあるので事前に確認してください。

住基カード・マイナンバーカードの変更届出

離婚で名字(姓)や住所が変わった場合は、住基カード・マイナンバーカードの変更も忘れないようにしましょう。

国民健康保険・国民年金の変更届出

離婚で名字(姓)や住所が変わった、または扶養家族でなくなった場合は手続きが必要です。必要書類は離婚届受理証明書のほか、健康保険証と健康保険資格喪失証明書(または年金手帳)となります。

離婚をする時に気を付けるべき5つのポイント

夫婦で離婚すると決まった時、「気を付けなければならない5つのポイント」があります。離婚時は感情に流されたり、どうでもいいから早く別れたいと思いがちです。その結果、冷静な判断ができない、十分な注意が足らない等が原因で、離婚後にすべてを失うことにもなりかねません。

離婚で不幸な結果にならないためにも、以下の点を心に留めておいてください。

ポイント1、感情的にならない

離婚をする時点では、夫婦ともに「お互いの愛情も冷めている」「相手への不満が募っている」というのが一般的です。愛し合って結婚したはずが、いつの間にか憎み合う存在になっているケースも少なくありません。

このような状況であっても、離婚の話し合いや手続きを進める際には「あくまで冷静に、感情的にならないこと」が肝心です。感情的になり過ぎると話し合いは円滑に進まず、双方とも罵り合うようになって泥沼に陥るので注意しましょう。

ポイント2、人の意見に流されない

離婚を進めるうえで他人からのアドバイスを受けるのは悪いことではありません。とはいえ、中途半端な知識で「○○すると良いよ」「○○すると損だよ」というような人の意見に耳を傾け流されるのはトラブルの元です。

離婚に関する常識や法律は日々変化しています。古い知識や誤った知識を鵜呑みにすると、思いがけず損をすることがあります。正確な知識を得たい場合は、素人ではなく法律や税金の専門家(弁護士・税理士など)に相談すべきです。

ポイント3、財産分与をクリアにする

離婚に財産分与は付きものです。財産分与とは結婚後に夫婦で築いた財産を二人で分けることをいいます。主な財産は現金や預金、不動産(住宅・マンション)、家財道具(家具・家電)、自家用車などです。

夫婦のうち、「どちらが」「何を」「どれくらい」受け取るかは、離婚時の財産分与の重要なポイントになります。その時の気分に流されて適当に分けてしまうと、後々のトラブルや後悔の原因になるので気を付けてください。

ポイント4、子供の問題は慎重に

夫婦の離婚は子供にも大きな影響を与えます。父親・母親のどちらが子供を引き取るのか、複数の子供がいる場合はどのようにするか等の問題は慎重に検討しなければなりません。離婚に伴う転居があれば転校が必要になったり、保育園・幼稚園探しをする必要も出てきます。

役所に提出する離婚届に関しても、子供の親権を父母のいずれが取るのか決定していないと受理されないという事情もあります。というのは離婚届出書には子供の親権者を記載する欄が設けられているためで、ここに記載がないと離婚届を受付けてもらえないからです。

ポイント5、両家の親にも適宜報告を

離婚は夫婦の問題とはいえ、両親や兄弟姉妹と無関係というわけにはいきません。「面倒くさいから」「うるさく言われるのが嫌だから」等の理由で家族を無視すると後々トラブルの種になります

夫婦共々、自分の家族には適宜離婚に関する報告をしておくようにしましょう。立ち入ったことを言われるのが嫌なら、さり気なく「今はこんな感じになっているから」「詳しいことは決まってから話すけど…」とポイントだけを伝えておくといいでしょう。

離婚をしないなら、これからどう考えるべき?

離婚が頭をよぎったものの、「やっぱり離婚しない」という結論に達した人は少なくないはずです。その理由はさまざまだとしても、離婚しないと決めたのなら今後はどのような考え方をしていくべきなのでしょうか?

あなたが「離婚しない」と決めたなら、これからどう考えていくべきかを3つのポイントで紹介します。今後のより良き結婚生活に活かしてください。

1、夫婦の方向性を明確にする

いちどは「離婚」を考えた二人が、何となく離婚を回避してしまうと将来に禍根(かこん)が残ります。お互いの不満や夫婦としての問題点が解決されないまま、離婚だけを避けたという形になってしまうからです。

第一に重要なのは、今後の夫婦の方向性を明確にすることです。離婚しようと考えた原因を一つひとつ二人でリストアップし、どこを修正できるのか、修正できない点は何か、妥協すべき点はどこなのかを洗い直してください。

この作業によって夫婦が目指す方向性が明確になります
修正すべきところは修正し、妥協すべきところは妥協するという考え方が大切です。

2、相手の良いところを探す

「離婚」を考えたからには、夫(妻)に対する不満はたくさん積もっているはずです。「あれが気に入らない」「これが納得できない」と挙げていけばキリがないでしょう。そのまま離婚するなら構いませんが、夫婦でやり直すなら不満はいったん忘れる必要があります。

親子・兄弟姉妹・友人でもまったく不満がない相手は存在しません。それは夫婦であっても同様です。
夫(妻)への不満にフォーカスするのではなく、1日1個でもいいので相手の良いところを探しましょう。

同時に、夫(妻)に対して「自分の良いところ」を知ってもらう努力も忘れないでください。

3、お互いの考えや自由を尊重する

夫婦の離婚原因で最も多いのが「性格の不一致」です。生まれも育ちも異なる男女が結婚するわけですから、性格や考え方、生活習慣などが異なるのは当然ことでしょう。その異なる部分で不一致が生じ、最終的には離婚という結果が起こるのです。

離婚ではなく夫婦関係の継続を望むなら、お互いに不一致の部分を許容していくしかありません。考え方の基本となるのは「相手の考えや考え方を認める」「相手の考えや行動の自由を尊重する」ということです。

結婚したカップルであっても、考えや行動は違うということを認めて尊重すれば円満な夫婦生活を継続することができると考えるようにしてください。

今後離婚をしない為に、あなたがすべきこと!!

離婚問題は一朝一夕には解決しないといわれています。夫婦別れを回避したいなら、適切なアクションを起こさないと手遅れになるので注意が必要です。心の底から「離婚はしたくない」「離婚は避けたい」と考えているなら、いったい何をすべきなのか以下にまとめました。

夫婦別れは後悔の元になります。離婚を避ける為に、参考にしてください!

夫(妻)の話をしっかり聞く

離婚しない為に最も簡単で効果的なのが「夫(妻)の話をしっかり聞く」という方法です。夫婦別れになる原因で多いのは「性格の不一致」や「考え方の違い」です。といっても二人は愛し合ったから結婚したわけで、100%性格が合わないとか考え方が違うわけではないはずですよね。

結婚前は相手の話に耳を傾けていたのに、結婚後には相手の話を聞き流したり真剣に聞かないという状況になると夫婦仲が上手くいかなくなります。離婚したくないと思うなら、多少の無理をしても夫(妻)の話にしっかり耳を傾けるようにしてください。

夫(妻)の話に相づちを打ち同意する

夫婦は元々赤の他人です。お互いに自分の好き勝手に行動していれば、いつかは「自分たちは考えが合わない」となるのは必須です。それが原因で離婚する夫婦は少なくなく、どうすれば気持ちが合う夫婦になれるか?を考える必要があります。

生れも育ちも違う赤の他人が夫婦として上手くやっていく為には、お互い同士が「相手に合わせる努力」が必要なのです。上記で紹介した「夫(妻)の話をよく聞く」に加えて、「夫(妻)の言葉に相づちを打つ」「夫(妻)の言葉に同意する」を実行しましょう。

夫(妻)に合わせる努力をする

離婚の危機を回避したいなら、できるだけ夫(妻)に合わせる努力をしてください。この様に聞くと「無理に合わせるのは難しい」「おかしなことでも合わせるべき?」と感じる人もいるかもしれませんね。

相手に合わせるとは「何が何でも相手に従う」ということではありません。頭ごなしに相手を否定したり、聞く耳を持たないという態度を取らないという意味です。どのような状況でもいったんは相手の言葉を聞いて「あ、そうなのか」「確かにそれはあるよね」と合せる努力をしてください。

二人で生きて行く姿勢を見せる

縁あって夫婦となり、離婚せずに頑張っていくと決めたら二人で生きて行くという姿勢が大切です。夫婦仲が上手くいっているから二人で頑張る、上手くいかなくなったら相手を批難するという態度では結婚生活も破たんに進みます。

離婚をせず円満な結婚を続けるには、「何があっても二人で生きて行く」「ツライ時も苦しい時も二人で頑張る」という姿勢でいかなければいけません。そのためには小さなことで相手を責めたり悪く言うのはNGです。ツラく苦しい時こそ、夫婦で力を合わせる必要があるのです。

離婚を考える時:まとめ

離婚が頭をよぎった時、何を考えどう行動するかで二人の未来が変わります。愛し合って結婚した夫婦でも別離が避けられないこともあれば、離婚の危機に際しての二人の考え方や行動次第で円満な夫婦に戻ることもできるのです。

夫婦別れを避けるには、

  • 勢いだけでエスカレートして突っ走らない
  • やたらに「離婚」という言葉を口に出さない
  • 離婚の相談は信頼できる人にのみに限定する

というポイントを押さえることが肝心です。

離婚にはさまざまな面倒な手続きがつきまといます。別れた後も必ず幸福になれるとは限らず、離婚を後悔する人も少なくありません。子供さんがいる場合は、夫婦の都合だけで離婚を決めるのも考え物です。

夫婦が離婚をするにしても、しないにしても、まずは頭を冷静にしたうえで常識的に判断する必要があります。安易に第三者の意見に流されず、しっかりと将来を見据えて結論を決めてください。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!

など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談

離婚基礎知識

7022487

離婚基礎知識の続き⇒

離婚の心構え

4285661

離婚の心構えの続き⇒

離婚原因

N112_kaowoooujyosei500

離婚原因の続き⇒

離婚回避や夫婦仲修復のための情報

離婚から復縁する

6829225

離婚から復縁するの続き⇒

離婚しない方法

PAK57_sofanouedetewonigiriauomizu500

離婚しない方法の続き⇒

離婚するための情報

離婚する方法

kenka_fuufu

離婚する方法の続き⇒

離婚手続き

a0001_013324

離婚手続きの続き⇒

離婚に関する問題などを考える

離婚と借金問題

離婚と借金問題の続き⇒

住宅問題と離婚

住宅問題と離婚の続き⇒

離婚問題

a0001_014308

離婚問題の続き⇒

離婚に関する豆知識

3966449

離婚に関する豆知識の続き⇒

離婚関連Q&A

woman_question

離婚関連Q&Aの続き⇒