女性の円満離婚

離婚の基本的な流れと知っておきたい事!

離婚の基本的な流れと知っておきたい事

自分有利の円満離婚に導くためには、離婚に関する基本的な事や流れを把握しておく必要があります。

離婚とは

離婚とは夫もしくは妻のいずれか一方から「別れたい」と申し出ることで、婚姻関係を白紙に戻すことを言います。

結婚当初事は人生の伴侶として歩むことを決意したはずですが、実際に夫婦として生活をスタートさせてみると理想と現実とがまったく違っていたことに気づくものなのです。

その違和感を解消、クリアすることができない夫婦が離婚という道を選択するのです。

周囲からみれば「そんなことで離婚するの?」と思うようなことでも夫婦でしか分からないことはたくさんあるでしょう。

いずれにせよ、離婚を決意したならできるだけ穏便にかつ速やかに夫婦関係を円満に終わらせるよう勤めましょう。

離婚するにあたって

離婚届けにサインをし「ハイさよなら」といかないのが離婚の難しさです。

結婚生活が長ければ長いほど処理するものがたくさんあります。

例えば、子供のこと夫婦で築いてきた財産、離婚後の生活の場所、生活費、苗字の変更から仕事、ありとあらゆるものを整理しなければなりません。

それが面倒で離婚をせず、仮面夫婦として生きている方々も少なくありません。

それだけ肉体的にも精神的にも負担を要する離婚ですから、できるだけ円満に終わることができるようにしなければなりません。

自分が望む形での離婚は不可能といってもいいでしょう。

円満に離婚するにはいかに冷静に、そして感情を押し殺し譲れるところは譲る気持ちで望まなければ、泥沼の離婚トラブルに陥ってしまいます。

離婚の流れ

離婚をすると決意したら、離婚後の生活のことをまず想像してください。

仕事を一度もした経験がない女性は仕事を見つけることができるか、当面の生活費はどうするかなどを考えましょう。

万が一仕事や収入面が厳しい場合には今すぐ離婚を夫に告げるのではなく、ある程度の貯金ができ就職のめどがついてから離婚を切り出すようにしてください。

次に、夫に離婚の意思を伝えましょう。

突然離婚を言い渡された夫は混乱し、怒鳴りつけたりすることもあるでしょう。

だからこそ、自分だけは冷静に対応することを心がけ少しばかり考える時間を夫に与えてください。

絶対に避けたいのは感情的になってケンカをすることです。

口論となっては円満離婚はほとんど不可能です。

協議離婚で離婚を成立させたいなら、なおさら夫の感情を爆発させないよう注意しましょう。

万が一協議離婚で話がまとまらなかった場合は次の調停離婚に進む事になります。

裁判所に調停の申したてを行い調停離婚をおこしましょう。

調停離婚では、二人の間に調停委員と呼ばれる方が男女2人の構成で入ってくれますので、先輩の意見も聞きながら円満離婚を導きましょう。

それでも解決に至らなかった場合には最終的に法に離婚をゆだねるほかありません。

裁判離婚には、費用も時間もこれまで以上にかかります。

夫婦のプライベートもありませんし、結果によっては自分が望むものとはまったく違うことになっている可能性もあります。

離婚はできても円満離婚とはいえない状況になることもありますので、できるだけ協議離婚で離婚できるように努力してください。

離婚専門のプロに依頼する

円満離婚を成立させるにあたって、さまざまな書類の作成、手続きが必要となります。

特に慰謝料の問題、養育費や財産分与に関しては法律の知識がなければ、不利な状況に追い込まれることもあります。

自分が不利にならないためにも、離婚専門の弁護士に相談することをお勧めします。

協議離婚の場合なら協議離婚書や公正証書の作成、調停の申したて、裁判提起などあらゆる離婚に対処してくれます。

夫と離婚したいのに拒否されて悩んでいる方

  • 夫と離婚をしたいけど、「離婚しない!」と拒否されている!
  • 出来ればスムーズに夫と離婚したい!
  • 離婚の準備をどのように進めれば良いのかわからない!
など、夫と離婚をしたいのだけど、話がまとまらない方や、スムーズに離婚を進めたい方はこちらを参考にしてください。

女性が上手に離婚する方法!離婚する時に考えるべき事は?

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談