「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

TAG調停離婚

調停離婚とは

性格の不一致、夫の暴力、ギャンブルや借金、不倫などの理由によって離婚を決意した場合、双方の意見が一致すると協議離婚によって離婚を成立させることができます。 ただ相手方に離婚についての意見が聞き入れてもらえない場合は、協議離婚では離婚をするこ…

調停離婚と裁判の違い

夫婦関係がすでに破綻しているにもかかわらず、一方が離婚に応じない事で、形式上夫婦を演じている男女がいます。 協議離婚の場合、双方の合意が必要となりますので、片方が離婚を拒否した場合には、それぞれの道を歩む事は困難となります。 協議離婚以外で…

調停離婚の際の調停申立書の作り方

調停離婚によって離婚を進める場合、裁判所に対し、調停の申立をしなければなりません。 協議離婚という手段では、離婚が成立出来なかった場合、すぐに離婚裁判を起こす事はできず、次の段階として調停は必要となります。 その為にも調停申立書の作成の仕方…

調停離婚の調停申立てについて

協議離婚という手段で離婚を成立させることが出来ない場合、すぐに裁判を起こすという事ではありません。 離婚裁判の前に、調停離婚という手段を取る必要があります。 調停離婚は、裁判所に調停の申立を行う事で、離婚に向けての話し合いが行われます。 申…

調停離婚の流れ

離婚について、双方の意見がまとまらない場合や冷静な話し合いが進められない場合は、家庭裁判所の調停手続きを利用し、調停離婚を行う事ができます。 調停手続きには、離婚そのものの話し合いだけでなく、子どもの親権問題や離婚後の養育費、慰謝料や財産分…

離婚調停のメリット・デメリット

婚姻関係がすでに破綻し、夫婦関係の修復の見込みがないと考えたら離婚という道を選択する人が多いでしょう。 離婚を行うためには、協議離婚や調停離婚、審判離婚や裁判離婚といった手段があります。 国内で成立している離婚の多くは協議離婚で、全体の約9…

離婚調停の際の心がけ等

離婚調停は、裁判所に調停の申立を行うことで話し合いが実施されます。 とはいえ、法的な強制力はなく、堅苦しい状況ではありませんので、リラックスして離婚に向けての話し合いができるでしょう。 調停には、調停委員という方が夫婦の間に入って、冷静な話…

離婚調停委員とは

夫婦二人だけで、離婚に向けた話し合いがスムーズに進められない場合、家庭裁判所に調停を申し立てる事ができます。 調停離婚を行う場合は、家庭裁判所の調停委員という方が夫婦それぞれの意見を聞き、それぞれの立場で話をまとめてくれますので、複雑に絡み…