「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

TAG暴力

なぜDVは発生するの?

現在DVの被害による悩みを抱えている人が多いといわれており、離婚の原因の一つにあげられています。 夫による暴力は、妻だけでなく、子どもにも深刻な影響を与えると言われていますので、小さな子どもを抱えている場合には、離婚など早急に対応する必要が…

家庭内暴力の種類について

夫や妻に対する暴力行為や虐待で、一般的に家庭内で行われる行為を家庭内暴力、DV(ドメスティック・バイオレンス)といいます。 殴る蹴るなどの身体的な暴力から言葉による暴力、性的な暴力行為、レイプやストーキングなどの行為もドメスティック・バイオ…

経済的なDV・暴力について

夫や妻が加害者となって、家族に対する暴力・DVが原因で、離婚、家族崩壊といった事例がいくつもあります。 家庭内における暴力だけに、なかなか表に出ることが少なく、発見された時にはすでに深刻な事態になっているというのが一般的なDVの特徴です。 …

身体へのDV・暴力について

ドメスティック・バイオレンス・DVの被害者は身体に様々な傷や痣をつけている事があります。 いろいろな形があるDVの中で、最も外部から発見しやすいのが身体的な暴力によるDVです。 現在DVが原因で離婚といった道を選択している人も多いと言われて…

配偶者による暴力とは

離婚の原因といっても色々とあります。 しかし中でも最もたちの悪い離婚の原因といえば、配偶者による暴力ではないでしょうか。 ドメスティックバイオレンスによる被害は、近年結婚した関係以外にも恋愛関係の状態にある男女間にも発生しているといわれてお…

夫からの暴力に我慢しない

DVという二文字で表されるドメスティック・バイオレンスは、夫婦間や恋人同士間で発生する暴力行為の事をさしています。 殴る、蹴るなどの身体的暴行から罵る、屈辱を与えるなど言葉の暴力、レイプまがいの性行為の強制や日常生活の行動監視などなどあらゆ…

DV妻に苦しむ男が急増中

離婚をする原因は色々とありますが、夫の暴力が原因で、離婚を決意する女性もいます。 しかし近年、妻の暴力・DVが原因で、夫がうつ病になったり、離婚を決意したり、最悪の場合、死亡事件まで発生するといった事態が起きています。 世間を震撼させた尼崎…

暴力が原因の熟年離婚

暴力が原因で離婚をする夫婦というのは、何も働き盛りの夫婦だけではありません。 近年、暴力が原因で離婚する熟年者も多くなっていると言われています。 かなり長い期間、暴力のある生活に耐えていたのかと考えるとものすごく悲しくなりますよね。 暴力と…

DV被害者を守るシェルターの存在

DV夫やDV妻から逃れる為の手段として、離婚を選択する人がいますが、加害者となっている配偶者は、簡単に離婚に応じてくれず、執拗に暴力によって支配するといいます。 現在各都道府県には、DVによる相談機関をもうけており、状況が深刻であると判断さ…

離婚とDVの関係とは

結婚して1年未満で離婚をする人、30数年の結婚生活にピリオドをうつ熟年離婚などいろいろな形の離婚があります。 さらに離婚の原因も夫婦によって様々で、その中の一つにDVがあげられており、近年増加傾向にあると言われています。 女性に対するアンケ…

ドメスティック・バイオレンス(DV)とは?

内閣府が実施した調査によると、既婚女性の3人に1人が、夫からの暴力を経験しているというデータがあります。 また23人中1人の女性が、命の危険を感じるほどの暴力を受けているという回答をしています。 この衝撃的な事実は、社会的な問題にもなってお…

ドメスティック・バイオレンスから逃れるためには

幸せな将来を夢見て結婚をしたにもかかわらず、配偶者からの暴力による離婚が後をたちません。 離婚という選択で、次のステージに進む事ができた人は、幸せな方かも知れません。 配偶者からの暴力に耐え続けた結果、最悪の事態を招いているという事件も少な…

DVから逃れる方法とは

夫や配偶者の暴力・DVが原因で、離婚を決意する方が年々増加していると言われています。 しかしながら暴力があるからといってもすぐには、「離婚」という道を選択できない人も多く、一時的に生活を別々にし、何かしらの対応する方もいるようです。 ただ意…

暴力・DVに対してやるべきこと

離婚に向けての第一歩をふみだそう 配偶者から何かしらの暴力をうけ、日々恐怖や不安を抱えて生活をしている方は、勇気を振り絞って次に向けての一歩を踏み出すようにしてください。 どのような理由であれ、家族に暴力を与えるのは、決して許されることでは…