「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

夫婦債務型の住宅ペアローンは離婚した時どうなる?

夫婦債務型の住宅ペアローンは離婚した時どうなるのか

夫婦で住宅のペアローンを契約していると聞くと、「離婚したら夫婦どちらに返済義務があるのか」と不安に感じる人もいるようです。

ペアローンは一見カップルで契約しているように見えても、実際には夫と妻が別々に契約を結んでいるローンです。

離婚する・しないに関わらず、残金が残っている以上は夫婦それぞれがローンを完済する必要があります。

ペアローンの夫婦が離婚したら?

住宅のペアローンを契約している夫婦が離婚しても、ローンの契約や支払いに変更はありません。

ローン契約している金融機関から見れば、夫婦が結婚していても離婚しても状況に変わりがないからです。

離婚の財産分与で住宅が夫婦いずれの所有になるにせよ、ローン支払いの義務は完済まで継続されます。

夫婦が離婚したとしても住宅を売却しない限り、元夫と元妻は別々に自分の負担分のローンを返済する事になるわけです。

離婚後に片方がローン滞納したら?

ペアローンは夫婦がそれぞれに契約したローンですが、もしいずれか片方が返済を滞納する事があれば、残りの片方に請求が行く場合があります。

これは夫婦が各自契約したローンではあるものの、あくまでペアでローンを借りる(返済する)という事が前提だからです。

夫婦が離婚した場合でも同様で、元・夫婦の片方が返済を滞納すればもう片方に金融機関から督促の通知が届き返済を迫られます。

ペアローンが滞納したらどうなる?

夫婦が離婚しても住宅のペアローンを滞納すれば、返済の督促→差し押さえ→住宅の競売という通常の流れで処理されます。

つまり、ローンを返済しなければ住宅は競売に掛けられて第三者の手に渡る事になるわけです。

ペアローンと離婚の関係

夫婦のうちのどちらが名義人となる住宅ローン、1人が名義人でもう1人が連帯保証人になる住宅ローン以外に、夫婦二人が各々名義人となる連帯債務型の住宅ローンがあります。

一般的にはペアローンと呼ばれる住宅ローンですが、このスタイルでローンを借りていると離婚の財産分与時にしっかりした対処をしておかないとトラブル発生の原因になります。

たとえば離婚後に夫婦いずれが住宅を取得するのか、ペアローンの支払いはどうするのか、住宅の名義はどちらにするのかといった対応です。

こうした問題は離婚時(もしくは事前)に明確な取り決めをし、口約束ではなく証書などを作成しておく必要があります。

もし夫婦ペアローンの返済中で離婚を考えているなら、ファイナンシャルや離婚問題に詳しい専門家への相談を考えてみる必要があるでしょう。

離婚にて持ち家をどうするかでお悩みの方

  • 住宅ローンが残っているが離婚したらどうする?
  • もう住まない住宅も財産分与したいけど・・・。
  • 離婚する時にもめない為に家は売った方が良い?
そう、お考えのあなたならこちらの方法がピッタリです。
離婚時の住宅問題を解決するには?

離婚しても家を残す方法

  • 離婚後、家を手元に残しておきたい!
  • すぐに使わないけど将来的には住みたい!
  • 家を賃貸住宅にできないか?
など、マイホームを手放さずに残しておきたい方はこちらの方法も考えてみましょう。
離婚しても家は手放したくない!賃貸するという方法!

関連記事