「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

離婚で家を売る時に必要な書類

離婚で家を売る時に必要な書類

家を売る時の必要書類

離婚で家を売る場合、夫婦で協力して手続きを進めるのが難しいケースもあります。

夫(妻)のいずれかが単独で売却したり、お互いに連絡が付きにくい状態で売却しなくてはならないという状況の場合は事前に必要書類を確認して準備しておきましょう。

登記済権利証

いわゆる家の権利書と呼ばれるもので、住宅の所有者である事を証明する書類です。

(平成17年以降に住宅を購入した場合は登記識別情報を使用します。)

売却する住宅の内容確認や登記に必要で、この書類がないと住宅を売却する事はできません。

印鑑証明書

住宅を売却する際に法務局に提出する書類で、区市町村役所で取得する事ができます。

もちろん売却する人ではなく、実際の家の所有者本人のもので3カ月以内の日付のものが必要です。

合わせて印鑑登録した実印(印鑑)も必要となります。

なお、住宅が共有名義であれば共有者全員の分が必要です。

固定資産税評価証明書

住宅の固定資産税を確認する為に必要となる書類です。

もし、なければ固定資産税納税通知書でも構いません。

身分証明書

本人である事を確認する為に必要な書類です。

住民票

住宅の登記上の住所と現住所が異なる場合に必要となる書類です。

3カ月以内の日付のものが必要となります。

ローン残高証明書

住宅ローン返済中の場合に必要となる書類です。

ローン返済予定表でも構いません。

銀行口座の書類

住宅の売買が完了したら売却価格が振り込まれる口座の書類です。

その他の書類

土地測量図・境界確認書
一戸建て住宅の場合は必要になります。

建築確認証・検査済証
住宅が建築基準法に適合している事を証明する書類。

建築設計図書・工事記録書
住宅の設計と工事の状況を確認する書類。

マンション管理規約・使用細則
マンション売却に必要となります。

マンション維持管理関連書類
管理費、修繕積立金、管理組合費などを確認。

耐震診断報告書・アスベスト使用調査報告書
診断済であれば提示。

購入時の契約書
住宅購入時の契約書があれば提示。

重要事項説明書
住宅購入時のものがあれば提示。

必要書類がなければ?

住宅売却に当たっては、絶対に必要な書類と提示できればメリットがある書類の2種類があります。

離婚の別居などで大切な書類をしまい込んだり見失う事が無いよう、住宅の売却を決めたら早い時期にしっかりと揃えて保管しておくようにしてください。

夫婦のうちのいずれかが家を出て別の賃貸住宅やマンションに転居する場合、妻が遠い地域の実家に帰る場合などは注意が必要です。

いざという時に困らないよう、不動産業者や司法書士のアドバイスを受けて準備しましょう。

離婚にて持ち家をどうするかでお悩みの方

  • 住宅ローンが残っているが離婚したらどうする?
  • もう住まない住宅も財産分与したいけど・・・。
  • 離婚する時にもめない為に家は売った方が良い?
そう、お考えのあなたならこちらの方法がピッタリです。
離婚時の住宅問題を解決するには?

離婚しても家を残す方法

  • 離婚後、家を手元に残しておきたい!
  • すぐに使わないけど将来的には住みたい!
  • 家を賃貸住宅にできないか?
など、マイホームを手放さずに残しておきたい方はこちらの方法も考えてみましょう。
離婚しても家は手放したくない!賃貸するという方法!

関連記事