「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

財産分与の住宅問題!よくある4つの疑問

財産分与の住宅問題よくある4つの疑問

離婚の財産分与では家を売却すべき?

夫婦離婚で財産分けの話合いがスムーズに進んでいるなら無理に家を売却する必要はありません。

しかし、家の資産価値が高く分けにくいといった場合や住宅ローンの残額支払いで揉めるような場合は家を売却してスッキリ分けるという方法がベターです。

住宅を売却した方がいいのは、家の売却価格がローン残高を上回っているケースです。

もし売却価格よりもローン残金の方が多ければオーバーローンとなって負債を背負う事になります。

オーバーローンの住宅を売却するにはいったんローン残額を一括返金するなどの方法を求められる事になり負担が大きくなります。

離婚後でも住宅に夫(妻)が住み続けられるのか?

離婚しても住宅に住み続けるというケースでは、「家の名義人が誰なのか」という事が問題になります。

名義人である夫(妻)が住み続ける場合は大きな問題はありません。

一方、名義人ではない夫(妻)が住み続ける場合は名義変更をしないとトラブルの原因になります。

また、家の住宅ローンが残っている場合は、住宅の名義人以外に「ローンの名義人が誰なのか」が問題となります。

金融機関はローンの名義人が家に住む事を前提として契約していますので、名義人以外の人が家に住むとなるとクレームが出る場合が多いのです。

住宅とローンの名義人を変更できるのか?

住宅にローン残額がない場合、家の名義人を変更するのに問題はありません。

しかし、ローンが残っている住宅の場合は簡単に名義人を変更する事ができない場合がほとんどです。

住宅ローンを借りる為には金融機関との契約が必要ですが、その契約内容によっては簡単に名義人を変える事ができません。

こうした契約では「名義人が住宅に住む事」や「名義人がローンを完済する事」という内容になっている事が多く、金融機関の承諾なしでは条件を変更する事ができないのです。

財産分与の関係でどうしても家を売りたいが?

離婚の財産分けの際、夫婦の話合いで合意があれば住宅を売る事ができます。

ただし、住宅ローンが残っている家の場合はローン契約をしている金融機関の承諾がなければ家を売る事はできません。

どうしても家を売りたければ、住宅ローンの残額を一括返済するなどの方法を採る必要があります。

一括返済はできないが家を売りたいという場合は任意売却という方法で売る事になります。

任意売却とは不動産業者に債権者(ローン契約をしている金融機関)との調整を仲介して貰い、その上で住宅を売却するという方法です。

この任意売却という方法ではオーバーローンとなった住宅でも不動産市場の相場に近い価格で住宅を売りやすいというメリットがあります。

離婚にて持ち家をどうするかでお悩みの方

  • 住宅ローンが残っているが離婚したらどうする?
  • もう住まない住宅も財産分与したいけど・・・。
  • 離婚する時にもめない為に家は売った方が良い?
そう、お考えのあなたならこちらの方法がピッタリです。
離婚時の住宅問題を解決するには?

離婚しても家を残す方法

  • 離婚後、家を手元に残しておきたい!
  • すぐに使わないけど将来的には住みたい!
  • 家を賃貸住宅にできないか?
など、マイホームを手放さずに残しておきたい方はこちらの方法も考えてみましょう。
離婚しても家は手放したくない!賃貸するという方法!

関連記事