「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

離婚後夫名義の家に妻が住む?住宅ローンはどうなる?

離婚後夫名義の家に妻が住むとどうなるのか

夫婦は結婚している間は婚姻関係にあり、結婚後に取得した財産は二人の共有物です。

ところが、いったん離婚した元夫婦は赤の他人になるわけで、過去に共有していた財産も離婚後には他人のものという事になります。

その為、離婚前に夫婦で暮していた住宅も夫名義であれば「夫自身の所有物」になり、元妻がそこに住み続けると様々なトラブルの原因となってしまいます。

というのは、マイホームなどを購入した時に法務局に登記した名前が名義人となる事から、一般的には「名義人=所有者」ということになります。

法務局に登記をするのは該当する不動産が誰の物なのかを明らかにする為で、離婚の財産分与などで住宅の所有者が妻に変わったのなら名義も妻のものにするのが自然と考えられています。また、住宅ローンが残っている家に妻が住む場合にも問題点が残ります。

この点をしっかり理解していないとトラブルの原因を作る事になるので名義の問題は明確にクリアしておく必要があるのです。

財産分与の関係で「住宅の名義は夫だが、実際に家に住むのは妻」となるケースは意外に多く見られます。

このパターンは子供の学校を配慮したものであったり、慰謝料的なニュアンスで家を妻にというように取り決められる場合も少なくないようです。

住宅の名義が夫のままで、妻や子供が家に住み続けるのは一見合理的な事に感じられるかもしれませんが、現実問題としてはトラブルの原因になるケースが多いので注意してください。

離婚後に住宅の名義変更せずに起こるトラブル

離婚の財産分与で正式に住宅が妻の物という取り決めがされていたとしても、名義が夫である以上は妻は住宅を自由に取扱う事ができません。

自由な取扱いとは、「妻が住宅を売却できない」「他人に貸す事ができない」といったケースです。

たとえば妻が何らかの事情で住宅を売って現金を手にしたいと考えても、名義人が夫であれば妻は住宅を売却する事はできないわけです。

これは住宅を貸す場合でも同様で、広すぎるから貸家にしようとしても難しくなります。

さらに名義人である夫は住宅を売却する事もできますので、何からの事情で夫が家を売ってしまえば住宅の持ち主は別の人になってしまい妻が住み続ける事はできません。

もちろん離婚の財産分与で妻の所有になった住宅である事に間違いはありませんが、そのような事態に陥ってしまうとトラブルを抱える事になるでしょう。

このトラブルを防ぐには、離婚時の財産分与の時点で住宅の名義を実際の居住者である妻に変更する必要があります。

住宅ローンが残っている場合に起こるトラブル

住宅ローンが残っている家に名義人と異なる人が住む場合はトラブルの原因となります。住宅ローンが残っていない場合は、住宅の名義変更は手間がかかりますが変更は可能です。

ローンが完済していない住宅の場合、ローンの貸主(銀行やローン会社)という債権者が存在しています。

順調にローン返済が進んでいれば問題はないものの、いったん返済が滞納されると住宅の差し押さえや競売というトラブルに陥る危険性が高いのです。

元の夫が住宅の名義人かつローンの名義人であるとすると、元夫がローン返済を滞納すれば居住者である妻は住宅を追い出される事になるでしょう。

住宅ローンが残る家の名義変更が困難

家の名義がそんなに大切なら、トラブルが起こる前に名義変更しようと考える人も多いかもしれません。

住宅ローンなどの問題がなければ名義変更は可能ですが、完済していない住宅ローンがあると名義変更は困難になります。

なぜなら、住宅ローンには債権者が存在しており、債権者のほとんどは返済途中の名義人変更に同意しないからです。

一般的にいえば住宅ローンのある家は完済しない限り名義変更はできないと考えておく必要があります。

まとめ:離婚後夫名義の家に妻が住むとどうなる?

夫婦として暮しているうちは、さほど住宅の名義の問題に気を配る必要はありません。しかし、離婚という事になれば法律的には赤の他人になるので、状況が変わって来ます。

1、離婚後に夫名義の住宅に妻が住み続けると状況の変化に対応することが困難

「家の売却」「家を賃貸する」といったことが元夫の手を借りないと出来なくなります。さらに、元夫との関係がこじれると勝手に住宅を売却される可能性も出てくるのです。

2、住宅ローンが残っている場合、名義変更も困難

住宅ローンの返済が元夫の場合、元夫が返済を遅らせてしまうと住宅の差し押さえなどという事が起きる可能性があります。また、住宅ローンが残っている場合の名義変更も簡単には出来ません。

離婚後、妻が住宅に住み続ける為にも、住宅(不動産)やローン(お金)の問題は離婚時に解決するということが重要になってくるのです。

そのためにもこちらの離婚で住宅ローンの名義変更!妻へ変えるのが難しい理由と対応法を参考にしてみて下さい。

離婚にて持ち家をどうするかでお悩みの方

  • 住宅ローンが残っているが離婚したらどうする?
  • もう住まない住宅も財産分与したいけど・・・。
  • 離婚する時にもめない為に家は売った方が良い?
そう、お考えのあなたならこちらの方法がピッタリです。
離婚時の住宅問題を解決するには?

離婚しても家を残す方法

  • 離婚後、家を手元に残しておきたい!
  • すぐに使わないけど将来的には住みたい!
  • 家を賃貸住宅にできないか?
など、マイホームを手放さずに残しておきたい方はこちらの方法も考えてみましょう。
離婚しても家は手放したくない!賃貸するという方法!

関連記事