「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

離婚時に伴う家の売却で悩んだらチェックしておきたい事

離婚時に伴う家の売却で悩んだらチェックしておきたい事

夫婦が離婚するという事は、共に生活するのを止めるという事です。

当然ではありますが、夫婦が共同生活していた住宅の処遇にも悩む人が多いようです。

現実問題としても、財産分与という問題が発生して不動産の分け方でトラブルになる例も少なくありません。

離婚時の家の処遇には金銭以外にも「夫婦の思い入れ」や「思い出の処分」「気持ちの切り替え」などの問題も伴います。

しかし、夫婦別れして新たな生活に足を踏み入れるからには、トラブルを起こす事なくスッキリと家の処遇に対処する必要があるでしょう。

家の財産価値はいくらか

家の売却を考える時、住宅を建設した当時の費用や購入した時の費用はいったん忘れてください。

物には減価償却が付き物で、「使えば使うほど価値は減る」と決まっています。

実際に現在のマイホームを客観的に見てみると、屋根や壁が傷んだり汚れている・室内の天井や壁、水回りも劣化しているという事に気付くでしょう。

離婚の財産分与に当たっても、入手当時の価格の事は忘れて「現在の資産価値」に目を向けないとトラブルの原因になります。

住宅ローンの残額はあるか

「マイホームは我々夫婦のもの」といっても、住宅ローンが残っているなら厳密には「自分たちのもの」とは言えません。

ローンがある以上は借金をしているのと同じ意味で、全額返済しない限りは債権者である銀行やローン会社にも権利があるのです。

離婚で家を売却しようという時は、「住宅ローンがいくら残っているか」が大きな問題になります。

もしローンの残額が大きかったり、債権者が売却に同意しなければ売りたくても売る事はできません。

家を売却する損と得とは

離婚に際して住宅を売却しようというのは自然な流れです。

しかし、同じ家を売るにしても条件によって損になったり得になったりする事があります。

得になるケース
住宅の売却価格がローンの残額よりも一定以上高い場合です。

つまり家を売っても夫婦二人で分けられる程度に利益が出るというケースで、収支がギリギリであったりマイナスであれば得になるとは言えません。

もしろん収支がプラスマイナスゼロであれば売っても構わないというなら、得にはなりませんがローンが完済できるので問題はないでしょう。

損になるケース
住宅の売却価格よりもローン残高の方が一定以上多い場合です。

つまり家を売っても住宅ローンだけが残る(借金が残る)というケースで、残額を払える資金力がなければ大きな問題が残ります。

夫婦二人で力を合わせてもローン支払いは苦しいものです。

離婚して夫婦のどちらかが独力で払うのは容易ではなく、結果的にローン滞納から差し押さえ、競売となって家を失ってしまうかもしれません。

離婚にて持ち家をどうするかでお悩みの方

  • 住宅ローンが残っているが離婚したらどうする?
  • もう住まない住宅も財産分与したいけど・・・。
  • 離婚する時にもめない為に家は売った方が良い?
そう、お考えのあなたならこちらの方法がピッタリです。
離婚時の住宅問題を解決するには?

離婚しても家を残す方法

  • 離婚後、家を手元に残しておきたい!
  • すぐに使わないけど将来的には住みたい!
  • 家を賃貸住宅にできないか?
など、マイホームを手放さずに残しておきたい方はこちらの方法も考えてみましょう。
離婚しても家は手放したくない!賃貸するという方法!

関連記事