「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

夫婦離婚でもめる「家の処遇」の厄介なポイント

夫婦離婚でもめる家の処遇の厄介なポイント

夫婦が協議離婚する事で同意しても、家の処遇で再度揉めてしまう例は少なくありません。

家は高額な資産である上、そうそう半分に分けるという事ができない為です。

さらに住宅ローンの返済中であれば、さらに揉め事は大きくなってしまいます。

家に関する厄介ポイントとしては、

・家は夫と妻のどちらが財産分与で受け取るか
・家を残すべきか、貸すべきか、売るべきか
・住宅ローンの残額を誰が支払うべきか
・家の名義を誰にするか、それは可能か

などが挙げられるでしょう。

上記でお分かりのように、資産価値のある不動産(家やマンション)の処遇はこれほど厄介なのです。

家は誰のものにすべきか

これまで夫婦で仲良く暮してきた住宅でも、いざ離婚となればどちらかが出て行かなければなりません。

一般的な家の価値は数百万円から数千万円とかなりの価値がある為、どちらが受け取るにしても差額の支払いなど財産分与のバランスを取るのに苦労するようです。

受け取り後も毎年の固定資産税支払いなどの負担もありますので、どちらが家を自分のものにするかは熟考して決めるようにしてください。

ローン返済中の家は要注意

熟年離婚で「家のローンはほとんど支払済み」というケースは別として、返済期間が20年も30年も残っているようなら家の売却はできない場合があります。

仮に現在の相場で家を売却しても、ローン残金よりも安くて完済が難しいと抵当権が消せないので売却が不可能となりやすいのです。

妻が家に住み続けたい場合

夫名義の家に妻が住み続けるという場合、住宅ローンの支払いの関係で問題が起こる事があります。

離婚前の二人は夫婦なので家の名義が誰であるかはあまり問題ではありませんが、いったん離婚すれば夫婦といえども他人になります。

元妻は他人名義の家に住み続ける事になるわけですが、ローン支払いの責任はローン契約をした人にあります。

夫が契約者なら離婚後も夫がローンの残金を払い続ける必要があります。

離婚で一括払いが必要に

購入した家は夫婦のものと思いがちですが、住宅ローンの支払いが残っているうちは完全に自分たちの所有物とはいえません。

離婚に際しても住宅ローンが残っていると、残金すべてを支払う「一括返済」を求められる場合があります。

銀行やローン会社はローンを組む時の条件(結婚しているなど)と状態が異なると、ローン返済がスムーズにいかなくなると判断する事があるのです。

離婚にて持ち家をどうするかでお悩みの方

  • 住宅ローンが残っているが離婚したらどうする?
  • もう住まない住宅も財産分与したいけど・・・。
  • 離婚する時にもめない為に家は売った方が良い?
そう、お考えのあなたならこちらの方法がピッタリです。
離婚時の住宅問題を解決するには?

離婚しても家を残す方法

  • 離婚後、家を手元に残しておきたい!
  • すぐに使わないけど将来的には住みたい!
  • 家を賃貸住宅にできないか?
など、マイホームを手放さずに残しておきたい方はこちらの方法も考えてみましょう。
離婚しても家は手放したくない!賃貸するという方法!

関連記事