「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

なぜDVは発生するの?

現在DVの被害による悩みを抱えている人が多いといわれており、離婚の原因の一つにあげられています。
夫による暴力は、妻だけでなく、子どもにも深刻な影響を与えると言われていますので、小さな子どもを抱えている場合には、離婚など早急に対応する必要があります。

DVはなぜ発生するの?

夫婦という道を選んだのですから、少なくとも相手のことを愛し、信頼しているはずです。
それなのになぜDVという状況になってしまったのでしょうか。

恋人同士の時には、暴力とは全く無縁だったカップルが、夫婦になった途端にDVが始まったり、出産を機に暴力が始まるといったケースが多いようです。

暴力を振るうようになった男性の心理には、「俺が妻と子どもを養っている」という強い支配力の意識が芽生えるのだそうです。
妻と子どもを養わなければというプレッシャーと、仕事によるストレスが家庭内で爆発し暴力という手段にでるとも言われています。

さらに家庭内では、夫が常に中心になければならないという誤った考えから、妻に家庭というもののあり方を強要、妻を自分の付属物のように扱うことからDVが始まる事もあります。

DVという環境は子どもにとっての虐待行為

夫の暴力が直接子どもに及ばなくても、父親が母親を殴っている状況や暴言をはいている状況を子どもに見せるだけでも虐待行為にあたります。

子どもは、大好きな母親が目の前で、大きな父親に殴られている様子を見せつけられる事で、強い恐怖心を日々つのらせています。
また直接DVの状況を目にしていないくても母親が父親を怖がっている様子というのは、子どもは敏感に感じとり、そのたびに不安になるのは避けられません。

本来子どもを守るべき家庭が、まったく落ち着ける環境ではなく、常に恐怖と不安が入り混じった状態にあると感受性豊かな子どもは、心を休める事はできず、直接の被害がなくともまともな成長を遂げる事は難しいでしょう。

さらに「大好きな母親を父親の暴力から守る事ができない」という葛藤から自分自身を責め続けてしまうので、その解決方法として自ら暴力を選択するという最悪の状況を生み出してしまうとも言われています。

DVによる家庭環境で育った子供が成長し、家庭を持った時、父親と同じように女性に対し暴力を奮ってしまうというのは、そのような幼少時の家庭環境に問題があるのです。

勇気をもった行動が新しい人生の一歩となる

男性の強い力で身体的な暴力を加え、経済的なゆとりを奪い、言葉による暴力で精神的な支配を強要します。
更に被害者がこのような状況から逃れられないように、時々優しい言葉をかけたり、暴力を振るったことを反省しているかのように反省の色を伺わせるような態度を見せる事もあります。

ただ時間が経過すると再び、身体的な暴力や精神的な暴力、経済的ゆとりを奪い、身動きの取れない状況にするのです。
暴力を振るわれている人に対し、離婚を選択することが良いとアドバイスをしてもなかなか離婚できないというのは、このようなサイクルにハマっているのです。

暴力を振るわれているのは、振るわれている方に何一つ落ち度はありません。
人間は誰しも怒りの感情を持っています。

しかしその表現方法というのは、暴力以外でもちゃんと相手に伝える事ができます。
暴力だけでは何一つ解決することはできません。

現在配偶者による暴力の被害にあっている場合には、勇気を持ってそれを断ち切るようにしましょう。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事