「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

離婚の慰謝料ってどのくらいが相場?

離婚の慰謝料ってどのくらいが相場

離婚後、慰謝料返済のために借金を抱える人も少なくありません。

ただ、その額によっては離婚後多額の借金を抱え、それが原因で生活が圧迫されうつ病などで精神を壊してしまう危険性もあるのです。

そこで、離婚をする際に発生する慰謝料の相場について色々と考えてみましょう。

一体いくらが相場なのか?自分は払いすぎ?もらい過ぎ?

今後離婚によって慰謝料を請求する方、もしくはされる側にある方は改めて確認してみるといいでしょう。

離婚の仕方によって慰謝料が変わってくる

慰謝料の額とは法律でいくらと決められているわけではありません。

離婚の仕方によって大きく額が変わってきます。

まず、離婚の方法に協議離婚がありますが、互いが納得したら離婚が成立するのがこの離婚方法の特徴です。

慰謝料の額も決められておらず慰謝料を請求された方が、その金額に納得さえすればいくらでも貰うことができます。

請求される側は自分に非があると思うからこそ、支払いに応じるのですから下手をすれば高額な慰謝料返済に応じることもあるでしょう。

ただ、安易に受けてしまうと離婚後慰謝料返済のために多額の借金を抱えてしまうケースもありますので、法的知識が低い場合は安易にその要求を飲まないようにしましょう。

逆も同様に請求する側の提示額次第では恐喝として判断される場合や、一銭の慰謝料を受取ることもできない場合もありますので、専門家に相談することをオススメします。

次に裁判による離婚の場合の慰謝料は裁判所が判断しますので、希望通りの額がもらえるとは限りません。

慰謝料を請求される側にとっては裁判離婚の方が、離婚後借金を抱えなくても済む場合があります。

浮気が離婚理由になるときの慰謝料は?

浮気が原因で離婚した場合は慰謝料はどのくらい請求できるのでしょうか。

慰謝料に相場というものは本来ありませんが、一般的な額では200万から300万前後となります。

元配偶者が200万から300万の支払い能力がないと判断されても、浮気相手にも請求できる為総額でこれくらいの金額を慰謝料として受取ることが出来ます。

協議離婚の場合はそれ以上の金額を要求することもできますが、裁判離婚ではこの金額が妥当です。

ただし、裁判での慰謝料の額を決定付けるためには浮気の証拠を集めることが重要です。

浮気の証拠は不倫相手と性行為があったなどを明らかに出来る写真や記録となりますが、素人で集めるのは困難です。

家庭内暴力が離婚理由になるときの慰謝料は?

次に精神的な虐待、DVなどが原因の離婚の場合の慰謝料について考えてみましょう。

一般的には50万から500万円で金額に差がありますが、DVの回数や期間、経緯、DVの持続性、苦痛の度合い、その他ケガや後遺症の程度によって高額の慰謝料請求が可能となります。

しっかりとした収入があり確実な証拠が整えば、慰謝料は確実に請求できますので専門家に相談しましょう。

それによって離婚後、元配偶者が慰謝料返済のために借金を抱えたとしても、その苦痛を受けるだけの事をした結果なのですから当然の仕打ちとしてしっかりと慰謝料を受取るようにしましょう。

また以上の理由で慰謝料を請求された側についてもそれだけ相手の事を傷つけ、裏切ったのですから多額の借金を抱えてでもその償いをしなければなりません。

借金やお金の問題で離婚を悩んでいる方

  • 借金が原因で離婚しそうな時
  • 家族に借金がある事を知られたくない!
  • 離婚を避ける為にお金を整理したい時
など、お金のトラブルの解決を考えているのであれば、こちらの方法を検討してみましょう。
借金と離婚問題を解決する方法は?

関連記事