「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

夫の生命保険を担保に義両親が借金?離婚前にすべきこと

夫の生命保険を担保に義両親が借金、離婚前にすべきこと

離婚の理由は色々とありますが、夫のご両親の借金癖が原因で離婚を考える夫婦もいます。

その中の一つに生命保険を担保にする借金があります。

ここでは夫の生命保険を担保に義両親による借金問題について色々と紹介します。

自分とは関係はないと思っている人も、これを機に生命保険について調べてみるといいでしょう。

生命保険を担保にした借金とは

結婚前から加入している互いの保険名義を結婚というイベントをきっかけに見直す夫婦はとても多いでしょう。
保険の名義変更には証書が必要です。

結婚以前に実家でご両親と生活していた夫の場合、保険証書は大抵実家で保管しているものです。

そのため「名義変更」を理由に義両親から保険証書を受取りに言った際に「借金の担保として使っているから、証書が手元にない」などが発覚することもあるのです。

夫が結婚前に加入していた保険で借金をしたのは義両親なのですから、妻に借金返済の義務が及ぶことはありませんが、少なくとも夫婦生活に何かしらの悪影響を及ぼすのは明らかです。

この場合どのような方法をとった方が、借金の悪影響から回避できるのでしょうか。

保険証書を担保にする借金は危ない!

ここで確認したいのは2つ。
一つは義両親の借金となっていますが、そもそも保険会社による借金は本人でないと手続きが出来ません。

また銀行やその他きちんとした手続きを踏まえている場合、生命保険証書を質に取ることはまずないでしょう。

つまり、保険証書を担保にした借金には違法な場合が多く、闇金などに手を染めている危険性が高いと言うことです。

義両親の言っている「証書は、借り入れの担保に」が真実かをもう一度確認する必要があるでしょう。

もしかすると夫本人が独身時代に作ってしまった多額の借金があるのかも知れません。

いずれにせよ、独身時代に作った借金ですから結婚後妻に借金返済支払い義務が及ぶことはありませんが、違法性の高いところからの借金の場合結婚生活が危険な状況にさらされることは明らかです。

まずは、夫本人に対する確認と義両親が夫に内緒で違法に保険証書を使用していないかその事実を突き止めるようにしましょう。

すぐにすべき手順

結婚後、義両親による生命保険証書がらみの借金問題を回避する為には以下の方法で手続きを行ないましょう。

まず、ご主人に相談し通帳と印鑑、身分証証明書を持参し関係保険会社に生命保険料の支払い中止手続きを申請してください。

詳しい事情については保険会社の担当者に説明するとスムーズに処理をしてくれるはずです。

その上で解約の手続きや証券の再発行手続きなどの説明があるはずですから、借金による影響を受けない方法を選択するといいでしょう。

夫が以上の手続きを拒んだり義両親の借金癖がその後も続くようでしたら、残念ながら離婚を選択するという事も視野に入れた方が良いかもしれません。

借金やお金の問題で離婚を悩んでいる方

  • 借金が原因で離婚しそうな時
  • 家族に借金がある事を知られたくない!
  • 離婚を避ける為にお金を整理したい時
など、お金のトラブルの解決を考えているのであれば、こちらの方法を検討してみましょう。
借金と離婚問題を解決する方法は?

関連記事