「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

日常家事以外の借金で離婚する方法【生活が壊れているか?】

日常家事以外の借金で離婚する方法

夫が妻に内緒で莫大な借金をしていたことが発覚した場合どうしますか?

離婚となると財産分与を含めた話し合いができますが、互いの意見を譲らず合意が得られなかった場合には協議離婚はできません。

夫の借金を理由に離婚できる?

夫婦で話し合い、双方が離婚に合意すれば婚姻関係を解消できます。

その方法は協議離婚と言われている方法で、離婚の理由が借金であろうと「夫の顔が癖がいや」「妻の態度がむかつく」など理由については一切問われません。

離婚届などの関係書類に双方のサインをし提出するだけで離婚が成立します。

しかし、この一方が離婚に反対している場合、つまり協議離婚で話がまとまらない場合には家庭裁判所に調停を申し出る必要があります。

家庭裁判所の調停によって離婚手続きを行なう場合でも特別な離婚理由を制限しているわけではありませんので、協議離婚同様借金が理由であっても全く問題ありません。

ただし、調停による離婚は調停委員という第三者が介入するのみで、あくまでも夫婦の合意がなければ離婚成立には至らない為、理由がどうあろうと話し合いがまとまらないケースが多いのです。

この調停によっても離婚ができなかった場合には最終的に裁判離婚となりますが、裁判によって白黒をはっきりさせる必要が生じた場合のみ、離婚の理由を明らかにする必要があります。

この場合、残念ながらいくら夫が莫大な借金を抱え、それによって離婚を申し立てると訴えてもその申し立てが却下されるのがほとんどなのです。

裁判において離婚を認めてもらう理由とは

離婚裁判で離婚を認めてもらう為の理由は以下の通りとなります。

1、配偶者以外の人との肉体関係による浮気や不倫(不貞行為)
2、生活費を一切いれない、家庭を顧みない行為(悪意の遺棄)
3、夫や妻の生死が判断できない場合(3年以上の生死不明)
4、回復の見込みがないと判断された強度の精神病をわずらっている場合
5、DVやセックスレス問題、生活の不一致などに代表される婚姻を継続しがたい重大な事由がある場合

夫の借金が理由で離婚申し立てを行なう場合、5番目に記した「婚姻を継続しがたい重大な事由」に該当するのでは?と離婚訴訟を行なう方もいるかもしれません。

しかし、これまでの裁判で借金を理由にした離婚を認めたケースはほとんど無いのです。

過去の判例で借金を理由に離婚が成立したケースとは

ただ、過去に数例のみ借金を理由にした離婚が認められたケースがありますので紹介しましょう。

その判例とは、妻が何度言い聞かせて借金による浪費を繰り返し続け、挙句の果てには厳しい取立てにあい、日常生活が送れないほどの状況に追いやられたというケースです。

別の判例では、莫大な借金にとどまらず収入のすべてを浪費し「生活費を一切入れない」「競馬やギャンブル」「飲み歩きに明け暮れている」など家庭を顧みない行動があったなどがあります。

上記の場合、悪意に遺棄などに該当することと判断された場合が多く家庭裁判所やその状況によって判断は異なります。

ただし、単なる借金だけを理由とした離婚には、ほとんどの場合裁判所が離婚理由として認めていませんので、理解しておくようにしましょう。

裁判では借金という問題よりもどれだけ夫婦生活が壊れていたか、なぜ壊れたのかが大きな意味を持つようです。

借金やお金の問題で離婚を悩んでいる方

  • 借金が原因で離婚しそうな時
  • 家族に借金がある事を知られたくない!
  • 離婚を避ける為にお金を整理したい時
など、お金のトラブルの解決を考えているのであれば、こちらの方法を検討してみましょう。
借金と離婚問題を解決する方法は?

関連記事