「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

借金の残る車、離婚時の財産分与でよくあるトラブル

借金の残る車離婚時の財産分与でよくあるトラブル

離婚するにあたって財産分与をする必要があります。

財産分与とは、結婚をしている期間中に夫婦で協力して得た財産をその名義にかかわらず夫婦の共有財産とし、離婚のときにそれぞれに公平に分配するというものです。

清算的財産分与については、離婚の原因がなんであろうと一切左右せず、あくまで二人の財産をきちんと分けましょうというものですから「妻や夫の浮気」「借金」「その他」離婚の直接的原因を作った本人からでも請求できます。

その中の一つに車があります。

車を現金一括で購入したものであれば財産分与の際になんらトラブルになることはありませんが、借金で購入した車でローンが残されている場合には色々な問題が発生します。

借金のある車をめぐる離婚後の問題

妻の言い分として特に多いのが、車そのものは離婚の際に自分が引き取るけど残りのローンは夫に返済させるといったケースです。

夫がその言い分に納得したのであれば問題はありませんが、その場合名義についての問題が残ります。

通常車や住宅を借金で購入する際、収入の多い夫名義にするのが一般的。

そのため離婚の際にローンの残っている車本体は妻に渡り、返済は夫が継続するのはいいが名義は夫のままである事が多いのです。

そしてその名義は離婚するからという理由で勝手に変更できません。

名義変更を行なう場合にはローン会社の許可が必要です。

離婚後、車の名義変更をするには

離婚後、夫名義の車を妻に変更する場合には次のことに注意しましょう。

まず、車を購入する際に行なった購入費用の借金について誰名義で手続きを行なったのかです。

例えば、夫名義でローンを組んだ場合、名義変更を行なうためには借金の全額一括返済が絶対条件となります。

それ以外の場合にはローン会社が名義変更に承諾しないのが一般的です。

理由は、住宅ローンのときと一緒で借金返済の必要の残されている車そのものを妻が利用するのに、夫が返済を継続すると状況を考えれば明らかです。

離婚後、夫は自分用に新たに車を購入する必要が発生するかもしれませんし、離婚によって養育費や慰謝料などを支払いなど多額の借金を抱える可能性が高くなります。

それに加え妻に財産分与した車の借金の返済も続けなければならないとなると、いずれ返済が滞る可能性が高いとローン会社が判断するからです。

財産分与のトラブルを避けるためには

借金返済は夫が、車本体は妻がと離婚の際に双方で納得した上で財産分与が行なわれたとしても、夫の月々の返済が滞ってしまうと妻が利用する車が差し押さえにある可能性も否定できません。

また借金完済後、車の名義をすみやかに夫名義から妻名義に変更すると口頭で約束しても離婚後それを拒否されれば、夫に車を取られる可能性もあります。

離婚の際の口約束は法的効力がなく特に借金が関わる離婚問題については、後に大きなトラブルに発展することが予想されますので、弁護士を介入させたり、法的効力のある書類を作成するなどの対応をとることがポイントです。

車の売却査定を一括で複数の業者に依頼!
離婚後のトラブルを無くすために車を売却するという選択をする方も多くいます。車の一括査定についてはこちらを参照ください。

借金やお金の問題で離婚を悩んでいる方

  • 借金が原因で離婚しそうな時
  • 家族に借金がある事を知られたくない!
  • 離婚を避ける為にお金を整理したい時
など、お金のトラブルの解決を考えているのであれば、こちらの方法を検討してみましょう。
借金と離婚問題を解決する方法は?

関連記事