「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

主婦が自ら作ったキャッシングによる借金、離婚後どうする?

主婦が自ら作った借金は離婚後どうなるのか

家計をやりくりしている女性が借金をするきっかけになるのが見栄だと言われています。

スーパーやデパートでばったりと遭遇した元同級生やら元同僚のレベルになんとかついていこうと必死になるがゆえについついキャッシングに手を出してしまったというのが一般的です。

一昔前は借金という言葉で活用することに抵抗もあったカードによる借金は、今やキャッシングというなんともおしゃれな言葉になっていることから気軽に活用し借金まみれになっている奥様って意外と多いのかもしれません。

ただ簡単に利用できるがゆえに、気づけば生活を圧迫するほどの借金まみれになっていることもありますので使い方には十分な注意が必要です。

主婦が作ったキャッシングによる借金で離婚を言い渡されるケースも少なくありません。

内緒で作った借金は夫に支払い義務はなし?

返済に困ったとしても、夫に内緒で作った借金だからこそ、そう簡単に相談はできないはずです。

しかし、計画的な返済が出来ずにいると催促状が届いたり、返済を請求する電話や訪問が増えるため遅かれ早かれ夫にもバレてしまいます。

ただ、生活以外の借金がバレてしまうと、その時点で離婚を言い渡されるのは覚悟した方が良いのかもしれません。

家族の生活のためにと必死で働いている夫のお金を無駄につかい、挙句の果てには借金を作ったのですからそれは自業自得だと言われてもしかたがありません。

借金の返済を手伝ってもらおう、なんて甘い考えも捨てたほうがいいでしょう。
なぜなら、日常家事以外の借金については債務者以外の配偶者に支払う義務はありません。

また夫で内緒で作った借金が原因で離婚を余儀なくされるのですから、夫には扶養義務もありません。
そのため別居期間や離婚後の生活の援助も一切受けられません。

当然ですが、離婚後は借金返済によって生活が困窮すると予想できるのですから、よほどのことがない限り親権や養育権も夫側になることは明確です。

自分で作った借金は離婚後どのように処理する?

専業主婦や僅かなパート収入のみで結婚生活を送っていた女性が借金をし、離婚された場合すぐに仕事を見つけ計画的な返済を行なうことはほぼ不可能でしょう。

自らが作った借金が原因で、夫から離婚を言い渡されたのですから一切の援助を受けることもできません。
もしかすると十分な財産分与も受取れない可能性もあるのです。

手に職があったとしても、長く現場から離れていた女性が簡単に復帰できるほど世の中甘いものではないのです。
そのため、離婚後の生活は想像を絶するほど過酷なものになることは明らかです。

その状況を少しでもプラスに向かわすためには、債務整理もしくは自己破産がおススメです。
ある程度の費用は必要となりますが、弁護士に相談することで短期間で圧迫している借金から逃れることはできるでしょう。

費用が準備できない場合には、直接裁判所へ出向き相談することも出来ます。

借金による離婚という失敗を二度と繰り返さない為にもそして自ら作った借金で離婚後、苦しい生活をしないためにも、今できる方法で借金の整理を行なうようにしてください。

借金やお金の問題で離婚を悩んでいる方

  • 借金が原因で離婚しそうな時
  • 家族に借金がある事を知られたくない!
  • 離婚を避ける為にお金を整理したい時
など、お金のトラブルの解決を考えているのであれば、こちらの方法を検討してみましょう。
借金と離婚問題を解決する方法は?

関連記事