「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

妻の立場で考える!旦那のお金の考え方への対処法

旦那のお金の考え方への対処法

お金に対する考え方が夫婦で異なると結婚生活はとても苦労します。

生活費やローン、子どもの養育費や交際費、小遣いなどあらゆる事をきっかけにケンカが繰り返され離婚を考える人も少なくありません。

特に、毎月のやりくりを任されている専業主婦は大変です。

「毎月のお給料をきちんと入れ」「お金をどう使おうと自分の勝手だと主張する夫」もいれば、「支出の把握を一切せず趣味や交際に多額の費用」を使い、生活を圧迫させている夫も少なくありません。

夫婦できちんとした話し合いができれば問題ありませんが、収入に見合わないような支出を続けている夫の行動に歯止めがかけられない場合は、借金という最悪の事態を招く危険性もあります。

多額の借金を抱えてから離婚をすると後の生活にマイナスの影響を与える可能性もありますので、お金に対する考えのズレを修正できない場合は、次の方法で夫を上手にコントロールしてみるといいでしょう。

毎月の小遣いの額を決める

交際があるたびに小遣いを渡すのではなく、月初め、もしくはお給料を頂いたその日に1ヶ月分の小遣いをまとめて夫に渡しましょう。

各家庭によって1か月分の小遣いの額は異なりますが、その都度渡すよりも一度に小遣いを渡す方が、夫も無駄遣いを把握しやすくなるはずです。

万が一、毎月の小遣いの範囲外の出費が発生した場合には、すぐに許可するのではなく「家族での外食を減らす」「娯楽を減らす」「衣類の購入を減らす」「光熱費を減らす」などを条件にその分浮いた金額を足りない小遣いに回すといった方法をとるのも一つの方法です。

ちなみに、一般的なサラリーマンの月の小遣いは、3万から3万5千円程度となっているようですので参考までに。

二重帳簿や水増しで内緒の貯金を作る

夫に相談をもちかけても、どうしてもお金に関する考え方のズレが調整できない場合には借金を抱える前に手を打ちましょう。

その方法は夫を騙す(良い意味で)です。

借金により離婚を回避する為ですから、罪悪感を感じる必要はありません。

その方法とは、夫に見せる家計簿とは別に自分用の家計簿を準備してください。

申告する帳簿には、ちょっとだけ支出を上乗せし、あたかも家計がギリギリであるかのように記載しましょう。

男性は、具体的な数字の方が口で説明するよりも効果的だというデータもあります。

実際は1,000円しか支出していないのに、1500円使ったなど僅かな金額をコツコツと貯蓄すると、10年も経てば膨大な金額となり、いざというときの支えになるはずです。

家計のやりくりを夫に預けてみる

金遣いが荒く夫婦でお金の考え方がまるっきり異なる場合には、一度夫に家計のやりくりを丸ごと預けてみるといいでしょう。

1ヶ月だけでいいのです。

現在、収入と支出がどうなっているのか、どのくらいの借金があって生活にどれくらいの金額が必要なのかを実際に目の当たりにすることで見えてくるものがあるはずです。

妻にまかせっきりの夫の場合、自分の収入だけで贅沢が出来ていると勘違いしていることもあります。
口で言っても理解してもらえないなら、実際にお金を管理する側になってもらいましょう。

借金やお金の問題で離婚を悩んでいる方

  • 借金が原因で離婚しそうな時
  • 家族に借金がある事を知られたくない!
  • 離婚を避ける為にお金を整理したい時
など、お金のトラブルの解決を考えているのであれば、こちらの方法を検討してみましょう。
借金と離婚問題を解決する方法は?

関連記事