「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

お金の価値観は夫婦でもこんなに違う?お互いを知る事が大切

お金の価値観お互いを知る事が大切

結婚後、お金に関する価値観の不一致から離婚を余儀なくされる夫婦もいます。

どんなに愛し合っている夫婦でも、お金に関する考え方が違うとストレスがたまり、莫大な借金を抱えてしまう危険性もありますので、パートナーがお金に対しどのような考えを持っているかを確認しなければいけません。

ここでは、お金に関する夫婦の考え方の違いを色々な角度から検証しましょう。

お金に関する「価値観の違い」が発覚する時

この人となら幸せな生涯を過ごすことができるはず、そんな希望を胸に結婚をしたはずなのに結婚後、思わぬところで価値観の不一致に気がつくことがあります。

女性は、結婚式や新婚旅行など一生に一度の経験には、惜しみない費用をかける傾向にあります。

だからといって借金をしてまで、それを成し遂げようとはしないのが女性で、今手元にある予算に見合った金額の範囲内で納めようとするでしょう。

しかし、男性の場合はやや違う傾向にあり、親族や友人の結婚式やお祝い、葬儀の際に出席する場合の祝儀や香典にその特徴が現われます。

祝儀や香典にはその地域の「相場」というものがあるのですが、男性は自分の感情がダイレクトに金額に影響し、身の丈に合わないような金額を出すこともあります。

借金をしてまで、祝儀や香典を準備する男性もいるようですから家計を預かる妻としては死活問題です。

逆に女性の場合はブランド品の買いあさり、友人や隣人との食事会、女性会などに使用する金額などに見栄をはることがあります。

その金額がたとえ、家計を圧迫し借金をしていようがいまいが一切おかまいなしになる方もいるでしょう。

お金に関する価値観が違うのは悪いことではありませんが、「借金をしてまで」という所は大きな問題です。

妻や夫のお金に関する自分との違いに気づいたらそれを見過ごさず、すみやかに話し合いによって解決するようにしましょう。

お金に関する価値観の違いはパートーナーの生い立ちを探る?

夫婦でお金に関する考え方が大きく異なり、借金や離婚といった問題を引き起こす危険性があると判断した場合には、すみやかに対処する必要があります。

解決方法の一つにパートナーの生い立ちを見つめなおすという方法があります。

どんなご両親に育てられたのか、どんな幼少期だったのか、家庭環境や兄弟の有無、夢中になっていたこと、アルバイトや趣味、人間関係、その他もろもろの事を詳しく調べてみましょう。

小さい頃から借金まみれの生活環境で育ったパートナーの場合は、二度と苦しい生活はしたくないという気持から節約過ぎる傾向にあるのかもしれません。

逆に、小さい頃あまりにも節約された環境で育ってしまった場合、大人になって発散するかのように散財に走らせている可能性もあります。

相手の生い立ちを知ることで、なぜ二人の間に大きな価値観の違いが生じているのかを理解しやすくなるかもしれません。

膨大な借金を作り、それを理由に離婚を選んでしまうのではなく、問題が小さいうちに二人の間に生じている価値観のずれを埋める努力をして下さい。

夫婦二人で解決できない状況にまで陥っている場合は、一度専門家の力を借りて解決に向けた話し合いをするのも一つの方法です。

借金やお金の問題で離婚を悩んでいる方

  • 借金が原因で離婚しそうな時
  • 家族に借金がある事を知られたくない!
  • 離婚を避ける為にお金を整理したい時
など、お金のトラブルの解決を考えているのであれば、こちらの方法を検討してみましょう。
借金と離婚問題を解決する方法は?

関連記事