「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

ドメスティック・バイオレンス(DV)とは?

内閣府が実施した調査によると、既婚女性の3人に1人が、夫からの暴力を経験しているというデータがあります。
また23人中1人の女性が、命の危険を感じるほどの暴力を受けているという回答をしています。

この衝撃的な事実は、社会的な問題にもなっており、DVが原因で離婚を決意する夫婦も少なくありません。
夫婦といってもそれぞれの人間であって人格があります。
妻は夫の所有物ではないということを自覚しなければなりません。

ただ、残念な事に当たり前のような理解ができない人が、確実に存在するのです。

様々なドメスティック・バイオレンスの形

ドメスティック・バイオレンスは、何も身体的な虐待だけではありません。
殴ったり、蹴ったり、髪の毛を引っ張り引きずり回す、物を身体に投げつけるといった身体的な暴力がドメスティック・バイオレンスだと思っている人も多いようですが、その他にもDVの形はあります。

大声で怒鳴ったり、被害者の事を罵る、脅迫するようは言葉を浴びせるというのもドメスティックバイオレンスの一つです。
言葉による暴力は、内面から人格を破壊しますので、うつ病等精神疾患に陥る危険性が非常に高いのです。

さらには、嫌がる配偶者に無理やり(枕を交わす)を強要したり、避妊に協力しないなどの行動も性的暴力となります。
その他にも生活費を一切渡さない、仕事をさせてもらえない、外出を禁止し、行動を監視するといった行為は、経済的暴力、社会的暴力となり、ドメスティック・バイオレンスとなります。

目に見えない心に与えられた傷は、被害者にとってとてもつらく、離婚という形で加害者から離れた後もずっと苦しめる事になるでしょう。

暴力が与える精神的影響とは

日常的に暴力をふるわれている女性は、毎日が安心して生活出来ないことで、精神的、肉体的に大きなダメージを受けていると考えられます。

いつ自分の身に暴力という行為が行われるのか、いつ自分の人格を破壊するような罵声を浴びるのかなど日々恐怖と不安で押しつぶされています。

その為家庭にいる間中、少しも安らぐ事ができず、常に緊張した状態におかれます。
緊張がいつしか無力感となり、自分自身に何一つ自信になるものが持てず、自らの命を絶つ人もいます。

暴力というのは、安心感と自己尊重感を奪い、うつ病を発症させ、普通の生活さえ奪ってしまうのです。
小さい子どもを抱えている人の場合は、子育てが当然できなくなりますので、ネグレクトが発生し、終いには夫の暴力は小さないのちにまで及ぶ事があります。

DVが子どもに与える影響とは

母親が父親から暴力を受けている事を目の当たりにし、成長した子どもは、暴力によってすべての物事が解決できると誤った学習をします。

DVという環境で育った子供が大きくなり、結婚をすると父親と同じように妻を暴力で支配するようになるのです。
子供に対しても躾と称し、虐待を繰り返すなどの行動にはしる傾向にあります。

これは父親の暴力に対し、反論せずただひたすら耐え続けている母親の姿を見て育っているDVの子どもの特徴の一つで、暴力は悪いことであるという認識が全く無いのが原因なのです。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事