「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

離婚トラブル後、復縁するケース

協議離婚を申し出る夫婦の場合、離婚に異論はないとスムーズに話し合いが進むケースと、絶対に離婚はしたくないと復縁を要求するケースに分かれると言われています。

離婚は避けたいと望む男性が急増?

これまでの離婚といえば、その原因が夫の不貞行為である場合でも、女性側に離婚後の経済的な問題という理由や、浮気したとはいえ、働き盛りの夫という場合には何がなんでも離婚は避けたい、復縁したいと望むのは、圧倒的に女性が多かったようです。

しかし近年になって。その関係は逆転し、浮気はしたけど本当に愛しているのは、妻の方だと主張し、離婚を断固として拒む夫、男性が急増していると言われてます。

浮気という自分の失態を棚に上げ復縁を申し出る男性は、非常に多く、一方である特定の女性を除いては、このような場合、復縁を受け入れる女性はかなりの割合で低いとされています。

離婚からの復縁の可能性とは

男性と女性で復縁に対する意見が全く異なる場合、離婚を避け、復縁、修復することは難しいのでしょうか?

常識的に考えて、弁護士をたて、裁判を起こしているのですから、本来離婚という結論に向けて話し合いが進むはずなのです。

しかし以外にも裁判を起こしてるにもかかわらず、突如、復縁を申し受ける女性も少なからず存在するというのですから、驚きですよね。

中には、今まさに、妻側の弁護士と、夫側の弁護士が裁判で争っている最中に、いきなり連絡が入り、「やっぱり復縁することにしました」なんてこともあるというから本当に日本の将来が不安になりますよね。

復縁が成功する決まりのパターン

ただ、上記の場合は、非常にまれなケースで、近年では、離婚そのものに対する抵抗も薄れていることから、裁判沙汰にさえならないようなケースが多くなっているのです。

離婚も復縁も今や自由自在に行っている夫婦も増えているようですが、復縁が成功するのには、お決まりのパターンがあります。

それは、たいていの場合、夫の不貞行為が原因となる離婚です。

逆に妻の不貞行為が原因の場合には、復縁の可能性は限りなくゼロに近づくと言われています。

復縁した夫婦の関係は?

だからといって、よりを戻した夫婦が再び幸せな結婚生活を送れるとは限りません。

当然ですが、上手く行く場合と、再び離婚する場合があります。

離婚からの復縁が失敗に終わる場合とは、不貞行為をした夫の反省が足りず、また同じような過ちを繰り返す場合と、配偶者が必要に復縁後も以前の失敗を攻め続けるいう状況です。

このような二人が新しい一歩を共に踏み出すことは難しく、同じようにまた離婚という道を選択するのでしょう。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」


関連記事