「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

DV被害者を守るシェルターの存在

DV夫やDV妻から逃れる為の手段として、離婚を選択する人がいますが、加害者となっている配偶者は、簡単に離婚に応じてくれず、執拗に暴力によって支配するといいます。

現在各都道府県には、DVによる相談機関をもうけており、状況が深刻であると判断された場合には、DVの被害者となっている人の身を守る為のシェルターを紹介してくれます。

夫や妻の暴力から逃れ、離婚を進める為にも、今の環境から一時的にも離れ、冷静に考える時間が必要なのです。
シェルターは、加害者が簡単に訪問できないようになっているため、安心して生活を送る事ができます。

離婚に向けた環境の変化を作ろう

離婚をしたくても、暴力を受けている場合、正しい判断をすることが出来ず、ただ辛く長い暴力を振るわれるだけの時間が、経過するでしょう。

何度も何度も暴力を受けていると、いつしか、自暴自棄になり離婚という選択すら出来ない状況に陥る事があります。
自分の人生をDVの被害者だけで終わらせるのではなく、新しい一歩を踏み出すためには、今の環境から逃れる事が先決です。

簡単に離婚という道を進めなくても、暴力を受けているという状況から解放されるだけでも次に進む道につながるのです。
シェルターは、加害者の目が届かない場所に設置され、安心して自分自身の身を守る事ができます。

小さいお子様を抱えている場合には、妻が夫から暴力を受けているという環境は好ましくありません。
子どもを守れるのは、母親だけしかいませんので、子どもと一緒に夫の元を離れる勇気を持つようにしましょう。

離婚後の生活への不安

暴力を振るわれている女性の多くは、離婚という道を選択しないケースがあります。
その理由の一つに、離婚後の生活への不安があるようです。

これまで専業主婦として生活している自分が、離婚した後、どのように生活をしていいのか、子どもをどのように育てていいのか全く分からず、夫の暴力に耐えているというのが現状です。

DVの相談を受けている機関では、離婚後の自立支援に対するサポートも行なっています。
実際にシェルターに駆け込んだ人は、離婚を成立させ、その後自分の力で生活をしている人が多いといいます。

その間、加害者である夫が被害者を探しに来ることもありますが、法的な手段を利用し、安全を確保していますので、不安を抱える必要は無いと言われています。

一人で悩まず専門機関に相談しよう

DVの被害で悩んでいる人は、誰にも相談できず一人つらい状況に耐えている事があります。
ちょっとした勇気によって、この先の人生が大きく変化しますので、問題が深刻化する前に、勇気を持って相談するようにしましょう。

全国各地で、DVによる相談機関があります。
身近に相談できる人がいない場合には、専門の機関に相談に行く事が一番良い方法です。

加害者の手の届かない場所で生活をはじめる事ができますので、一度相談するようにしてください。
暴力から離れ、ゆっくりと離婚に向けた準備をし、また自分らしい生活を取り戻せるようにしましょう。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事