「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

「離婚」ではなく「復縁」のための別居の形

離婚を避け復縁を視野にいれた別居という選択

夫婦の間に様々なトラブルを抱えると、自然と「離婚」というふた文字が常に頭をよぎり、何をしても冷静な判断ができず、感情的になることがあります。

その結果、気持ちの動揺や焦り、マイナス的な思考に支配されることで、ほんの些細な事をきっかけに、陰険なムードを招く事があるのでするでしょう。

心の底から互いを憎しみ、嫌いになっているわけではないにしろ、夫婦が共に長き人生を歩んでいくためには、山あり谷ありの日々をどうにかこうにか乗り越えなくてはいけません。

しかし小さな問題を日々蓄積させてしまうと、いつしか、冷静な判断を失い、結果「離婚」という選択をするのではないでしょうか。

事実、国内での離婚経験者の中には、冷静さを失ってしまったことで、心にもない「離婚してやる」の言葉を発してしまった、という苦い経験をしている方も少ないのです。

夫婦仲がうまく行っていない事は明らか、でもだからと言って、「離婚」を選択するまでもない、離婚という選択肢は、腑に落ちない、という夫婦の場合、復縁を視野に入れた「別居」という状況を選んでいる事も近年増えているのです。

原因はともあれ、いったん離婚という手続きをすると、また再び互いの存在を求めても、離婚から復縁に至るのは、そう簡単ではありません。

また、結婚したからには、表向き「離婚」するわけにはいかないという考えから、別居という無難な道を選ぶ方もいるようです。

いずれにせよ、今後の二人の関係を改めて冷静に考えたい、夫婦という形を一時的に解除し、別々の生活をしてみたい、という場合に「離婚」ではなく、「別居」を経験するのは、良い方法であると思われます。

実際に、夫の暴力が原因、借金による経済的困窮、子どもの養育についてのトラブルなど結婚生活を続けていくのが困難となった状況で、

すぐに「離婚」ではなく、いずれ「復縁」も視野にいれ、冷静に考える時間が欲しいという目的で別居するケースが増えているのです。

夫婦合意の上での別居は裁判で不利にならない?

夫婦がともに合意した別居の場合については、万が一、別居後の結論が、「離婚」となった場合でも、いずれかに不利になる事はありません。

また、別居したことで、自らも反省し、互いの重要性を再認識することで、意外とあっさりと復縁する夫婦も多いですから、「離婚」という面倒な手続きを取る必要も、さらに離婚からの復縁という高いハードルを越える事態も避けられるというわけなのです。

別居することで離婚の心構えができる

子供の事や、世間体を考えると、出来るだけ「離婚」は避けたい、だからこそ、必要な「別居」という形をとったにせよ、冷静になってみると、やっぱり「離婚」することに至った、という場合もあるでしょう。

結果的には、「復縁」ではなく、「離婚」というマイナスの状況になったかもしれませんが、感情的な「離婚」ではなく、離婚という心の準備と新たな生活への様々な準備ができるとプラスに考える事も出来るかもしれません。

中には、はじめから、復縁を希望しているわけではなく、「離婚」だけを視野にいれ、とりあえず、「別居」から離婚に向けた道を歩んでいる方もいるはずです。

しかし、相手に対して、「離婚するための別居」とはじめから態度を示してしまうと、これまで以上に夫婦関係が悪化し、泥沼化する事も ありますので、

出来る限り、「離婚」という言葉ではなく、自分の気持ちはどうあれ、「離婚を避けるため、復縁に向けた別居」であると伝えるのがベストなのです。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」


関連記事