「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

離婚裁判を起こすには

幸せな結婚生活を夢見て、全く違う環境で育った男女が夫婦としての契約を結んだにもかかわらず、離婚という道を選択する方も少なくありません。

離婚という問題は、二人のあたらしい人生を再スタートさせるキッカケとして悪い事ではありませんので、互いが離婚に対し合意し、婚姻関係を解くことは可能です。

しかし双方の意見が一致せず、協議離婚が成立しない場合には、少なくとも愛し合っていた二人が、「原告」「被告」という名称を持ち、裁判で闘うことが必要なケースもあるのです。

財産分与や親権問題、養育費や慰謝料などの金銭トラブル等が原因で協議離婚では話し合いが進まない場合には、裁判離婚が手段として用いられます。

裁判離婚を起こす場合には、協議離婚とは違い、様々な準備事項があります。
例えば協議離婚では必要とされなかった訴訟の原因が書かれた訴状を2通と調停裁判で話し合いがまとまらなかったと証明する調停不成立証明書、夫婦それぞれの戸籍謄本等が必要となります。

これらの書類を地方裁判所に提出し、書類の受付が認められた場合のみ裁判が開始されます。

訴状は専門家に依頼するのがベスト

協議離婚の場合は、特別専門的な知識がなくても、各市町村で配布される離婚届けに必要事項を記入するだけで、離婚を行うことができます。

しかし裁判離婚で必要とされている訴状は、そう簡単に記入する事はできません。
高度な法律の知識が必要となりますので、一般的には、離婚などを専門としている弁護士に依頼するのがほとんどです。

万が一自分で作成した場合、裁判所で正式な書類として受付が出来なかったり、裁判を有利に進めることが出来ない可能性が高いですから弁護士に相談するようにしましょう。

当然ですが、弁護士を依頼する場合には、作成手数料や報酬などが発生しますので、予めどのくらいの費用が発生するのか確認しなければなりません。

離婚裁判にかかる費用とは

協議離婚や調停離婚の場合にかかる費用は2000円前後となりますが離婚裁判の場合は、様々な手数料が必要となります。
例えば、裁判にかかる手数料や書類郵送代、証人となる人の日当や交通費等があります。

受け入れる弁護によっても全く異なりますが、慰謝料の請求額に対し、一律いくらという設定をしている所が多く、それが手数料として請求されます。

弁護士を依頼した場合、法定に出廷するのは弁護士となりますので、交通費や日当が計算されます。
その為裁判が長引けば長引くほど、費用は高額になります。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事