「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

離婚裁判の訴訟に必要な書類

協議離婚や調停離婚で話し合いがまとまらなかった場合、裁判所に離婚の訴えを起こすことができます。
協議離婚などと違い、様々な書類が必要となりますので、事前に確認し、スムーズに裁判が進められるようにしましょう。

離婚裁判の訴訟に必要な書類とは

協議離婚の場合は、各市町村役場に設置されている離婚届けに必要事項を記載し、それぞれの捺印と署名、証人となる方の捺印と署名だけで離婚を成立できますが、離婚裁判の場合には様々な書類を準備する必要があります。

例えば、訴状としてなぜ離婚を訴えているのかなどが、具体的に記載されている訴状が2通必要となります。
高度な法律の知識がなければ、作成出来ない内容となっていますので、弁護士に依頼するのが一般的です。

その他にも夫婦の戸籍謄本及びそのコピーが必要となりますが、これらの書類は、被告の数によっても異なり、例えば不倫関係にあって慰謝料を不倫相手から求める場合には、その分の枚数が追加で必要となります。

離婚裁判を専門としている弁護士に依頼した場合には、原告となる方から内容だけを確認し、全ての書類を作成してくれますので、安心して裁判に臨むことができるでしょう。

離婚訴訟に必要な費用について

多くの方が選択している協議離婚とは違い、離婚訴訟には、高額な費用がかかると覚悟をしなければなりません。
例えば、訴訟を提起する場合に必要は印紙や郵便切手などは、絶対に必要となりますので、事前にその金額を確認しておきましょう。

訴訟費用というのは、敗訴したものが負担すると決められています。
提訴するために必要な印紙は7千円から8千円程度で、慰謝料を請求する必要がある方は、慰謝料の金額に応じて5万円前後の費用が必要となるでしょう。

その他にも養育費や財産分与などを請求する予定がある方は、9000円前後の印紙代が加算されます。
郵便切手や印紙代については、裁判に勝訴すると相手に請求する事はできますが、その為に依頼した弁護士費用については、裁判の勝訴、敗訴にかかわらず、依頼した人が弁護士費用を支払わなければなりません。

弁護士費用の相場

離婚を専門としている弁護士を依頼した場合、各弁護士事務所によって費用は違います。
離婚裁判を行う人の95%以上の人は、必ず弁護士に依頼すると言われていますが、法律の知識がないものが裁判に勝つ見込みはほとんどありませんので、一般的には、弁護士に依頼するのが当たり前です。

弁護士を依頼する場合、着手金と報奨金というものがそれぞれ40万から65万以上と言われています。
かなりの費用が必要となりますが、精神的なダメージをこれ以上受けたくない、できるだけ短期間で離婚を成立させたいと強く希望している場合には、弁護士に依頼することがお勧めです。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事