「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

離婚裁判の期間などについて

離婚裁判は自由に傍聴できる

協議離婚のように互いの合意のものとで離婚が行われる手段とは違い、離婚裁判は通常の裁判と同じように傍聴を希望する人が存在すると誰でも自由に傍聴席に座り、裁判の様子を見ることができます。

つまり離婚裁判は基本的に公開されるという事は忘れないようにしましょう。
離婚裁判は、離婚原因の争点となっている事柄を整理し、互いが準備した書類をもとに言い分を主張、さらには、その言い分を裏付ける証拠などの提出によって裁判官の判決により離婚ができるというものです。

その為裁判官が離婚を正式に認めないケースもありますので、裁判が長引く可能性もあるのです。
離婚裁判によって言い分を主張している内容は、誰にでも傍聴できますが、被告と原告の立場上、公の場に公開することによって、社会生活が著しく悪化するなどの影響が大きいと判断された場合には、裁判官全員の一致のもと非公開とすることもできます。

離婚裁判の期間とは

離婚裁判は、協議離婚によって話し合いに決着がつかなかった夫婦が争点を整理するために行われます。
その為一般的な離婚に比べると、言い分が大きく異なり、裁判期間が長くなるケースがほとんです。

平均すると1年ないし2年以上は裁判に要する期間があると言われており、その間に判決が下されます。
離婚原因が記載されている訴状や証拠提出などを準備し、第1回の口頭弁論に至るまで約1ヶ月の期間がかかります。

訴状の審理については平均して1ヶ月に1回のペースが行われ、離婚争点の整理をし、その証拠となる書類の確認、裁判官による事実調査等が順をおって行われます。

長くても2年以内では判決が下ると言われていますが、あまりにも裁判が長引くことで精神的なダメージは大きく、その分裁判にかかる費用も高額になるということは忘れないようにしましょう。

小さい子供を抱えている場合には、子どもの生活環境にとって裁判が長引く事は好ましくありませんし、仕事をしている場合にも何度となく仕事を休む必要もありますので、様々な悪影響をおよぼすことでしょう。

その為離婚訴訟をこれ以上長引かせない様にと、訴訟の途中で裁判官が和解を提案するケースもあります。
勝ち負けを決めるだけが離婚裁判ではなく、新しい生活に向けた一歩を踏み出す為にも和解という選択肢もあるということを分かってもらいたいという裁判官の配慮によるものだと考えます。

ただし、和解に向けた話し合いの中で、どうしても納得できない事柄が生じた場合には、必ずしも和解に同意する必要もありません。

離婚裁判で和解をした場合について

離婚裁判によって和解に応じた場合には、先に戻り協議離婚という手続きを進める事になります。
和解という提案に応じるのは、本人次第になりますので、それぞれの意見を受け入れ合意した上で和解離婚が成立します。

その他にも被告側が原告側の意見を全面的に受け入れる姿勢を示す承諾和解という方法もあります。
様々な状況を考え、勝敗にこだわらず、和解を希望する場合には、どのような方法がいいのか弁護士と相談するようにしましょう。

ただし、いずれの和解にも応じなかった場合には、裁判官の出した判決に従わざる得ませんのでその点も注意をするようにしましょう。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事