「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

裁判離婚の進め方とは

協議離婚や調停離婚などの離婚手段とは違って、費用も時間もかかってしまうのが、裁判離婚です。
ただでさえ、離婚という苦渋の決断を強いられているにもかかわらず、精神的なダメージを大きく受けてしまう裁判離婚ですから、きるだけ有利に進め、早期解決が得られる為にも、裁判離婚について色々と知識を深めておくことが重要です。

離婚手段で最も多い協議離婚に比べると、裁判離婚によって離婚を成立させる夫婦は非常に少なく、全体の1%から2%程度だと言われています。

裁判では、当然原告と被告という呼び方で相手と争う事になりますので、それ相当の覚悟は必要です。
夫婦関係が修復出来ないからこそ離婚という手段を選んだとは言え、少なくとも一人の男女として愛し合っている時期もあった関係ですから、裁判離婚で受ける精神的ダメージは相当大きいと予想されます。

離婚という道を選択した夫婦のほとんどは、協議離婚もしくは調停離婚によって次のステージへの一歩を踏み出すキッカケを作ります。

ただ協議離婚で話し合いが決まらず、その次のステップとして選ぶのが裁判離婚なのです。

裁判離婚の実態とは

全体の9割が協議離婚によって離婚を成立させていると言われていますが、どのような夫婦が裁判離婚にまで発展するのでしょうか。

協議離婚からすぐに裁判離婚になるのではなく、その間に調停離婚というものがあります。
調停離婚では、裁判所の調停員という方が介入し、こじれた話し合いを整理する役割を担っていますが、離婚を強制することはできません。

その為、調停においても話し合いがまとまらなかった場合にのみ、家庭裁判所に離婚の訴えを起こす事ができるのです。
裁判離婚というのは、あまり良いイメーはありませんが、法的な強制力がありますので、離婚をしたいと強く希望している側にとっては、良い選択だと思います。

しかし自分の希望が全て可能となるわけでなく、ここでもやはり双方が納得できるまで話し合いが行われますので、決着がつくまでには、時間がかかることもありますし、つらい決断を強いられる可能性も否定できません。

例えば、判決後要求していた慰謝料の金額に大きな差が生じていたり、養育費についても相手が完全に支払いを拒否した場合などは、ますます裁判離婚が長引き、それに加え裁判費用も増すばかりなのです。

裁判離婚にかかる費用とは

協議離婚や調停離婚に比べると離婚成立までにかなりの費用がかかるでしょう。
約数千円程度で離婚の申し立てが可能な調停離婚とは違い、裁判離婚の場合は、約数百万円近くの費用がかかるケースがほとんどです。

内容は裁判の期間によっても金額は異なりますが、収入印紙を含む離婚請求料の1万数千円や郵便切手の6,000円から7,000円、弁護士報酬費用等があります。

この金額はあくまでも離婚請求にかかる金額となりますので、それ以外に財産分与や慰謝料、養育費などの問題が絡むと更に費用は別途請求されます。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事