「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

離婚率が高い都道府県の実態

できれば離婚を避けて、夫婦円満な状態でこのまま続けて行きたいと願うのは誰しも同じです。
しかし男女の中というのは一筋縄では行かず、様々な問題を乗り越えて行かなければなりません。

ただ乗り越えられない大きな壁にぶつかった時、人は離婚という決断を下す場合もあるのです。
離婚の原因は色々とありますが、地域性によっても離婚率がかなり違っていると言われています。

離婚率の最も多い県は?

都道府県の中で、最も離婚率が高いと言われているのは、南国沖縄県です。
その割合は、他の都道府県に比べるとダントツの割合で、シングルマザーの数も多いと言われています。

それと同様に若い世代の婚姻率も非常に高く、20代前半のカップルができちゃった婚をしている数が他の県に比べると圧倒的な数だと言われています。

沖縄の男性は、女性への独占欲が強く、何としてでも自分だけのものにしたいという焦る気持ちから、安易な妊娠をする傾向が多いのではと指摘されています。

その他にも沖縄県は、外国人との交流も比較的多く、夏の暑い時期などはビーチなど様々な場所での出会いが多く、一夏の恋を楽しんだ結果、妊娠してしまったという状況も多いようです。

DVの被害者数も多い沖縄県

沖縄県の離婚率が高いのは、良い傾向とはいえませんが、深刻なのは離婚率が高いという所ではありません。
離婚の原因を見てみると夫のDV被害にあっている女性が多いという事実です。

沖縄県の場合、DVの被害者の相談件数が全国でも18番目に多く、全国平均が9.9件という受理件数に対し、沖縄県は18.7件と約2倍の数字があがっています。

子どもを授かり結婚したものの、今度は夫の暴力から逃れるために離婚をし、離婚後、生活困窮に陥っているというなんとも最悪なケースが沖縄の離婚の実態なのです。

さらに沖縄県は、東京都などの収入と比べると、約3分の1程度と低く、現在生活保護受給者と同じ位の収入という方も多く、一生懸命働いても生活困窮の世帯は非常に多いと言われています。

その為児童扶養手当を取得するがために、事実上離婚をし同居生活をしている夫婦の方も多く、深刻な問題となっているようです。

日本海側は離婚率が低い?!

離婚率の高い沖縄に次いで、高いのは大阪、北海道、福岡が続いています。
逆に離婚率が最も低いのは、富山や新潟、福井や鳥取といった北陸から東北の日本海側に集中していると言われています。

これだけで日本海側の人間が離婚しないと決め付けるのは、正しくはありませんが、毎年この地域の離婚率の低さはトップ3に入っているのも事実です。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事