「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

離婚をしたがらない夫・妻の本音とは

離婚をしたがらない妻

夫が妻に対し離婚を言い渡してもなかなか離婚に応じないケースがあります。
夫婦
離婚したがらない妻というのは、一体何が理由で離婚を拒んでいるのでしょうか。

この場合夫の事がほんと好きで、別れたくないという場合は本当に稀かも知れません。

妻が別れたくない理由の一つに、経済的な面が考えられます。

夫との関係が多少悪化してもこのままの生活を我慢して続けていけば、多少の贅沢な暮らしは保証されますし、子どもだって安心して育てていけるという理由があるのです。

特に専業主婦の場合は、離婚後は収入の目処が一切立てられず、路頭に迷う事は避けられないという不安があるのです。

生活のレベルを下げたくないというのが本当の理由なのでしょう。

当然ですが、そんなこと表立って理由を述べる事はありませんが、夫が多額の養育費と慰謝料を保証するといえば、思いの他あっさりと離婚に応じてくれる可能性もありますよね。

女性というのは本当に現実的な生き物ですから、離婚して生活苦を免れないのであれば、夫婦仲は破綻してないと意地でも主張するかもしれません。

どんなに嫌な夫であれ、夫が外で不倫をしても婚姻生活を続ける事を選択することでしょう。

このような理由で夫の離婚を受け付けない女性の言い分が、「夫の事は愛していますので、離婚は絶対にしたくありません」と主張し、「今は夫がどうしてもというのであれば、当分は別居という形をとって、いずれ一緒の生活ができるよう努力します」なんてしおらし事を主張するかもしれません。

離婚をしたがらない夫

某テレビ番組で、DVをする男の人は離婚をしたがらないというテーマを取り上げていましたが、それはまさにその通りです。

DVをする男性というのは、女性を殴ったり罵ったりすることで自分の気持ちをスッキリとさせるするということではなく、女性を支配したい、精神的に抑圧したいという状態が働いているといいます。

最近のDVの傾向としては、肉体的な暴力だけでなく、精神的な暴力、つまりモラルハラスメントといわれる行為を行う男性も多増加傾向にあり、深刻な社会問題となっています。

さらにこの傾向は、男性だけに限ったことではなく、加害者が女性というケースも増加しており、その矛先が妻や子ども、夫だけにとどまらず、親族やご両親といった肉親にまで向けられることもあります。

精神的、肉体的に暴力を振るう男性の特徴は、嫉妬心、執着心が異常に強く、いわゆるしつこいという印象を受けるのが一般的です。

DV夫は、離婚を絶対に受け付けず、離婚調停や離婚裁判の手段をとっても一切受け付けないのが特徴的。

彼らの言い分としては、夫婦関係は破綻しておらず、まだやり直せる、夫婦仲は円満だ、悪いのは自分ではない、などど妻の言い分とは全く逆の主張を繰り返し行うといいます。

DV夫と離婚するためには、専門家に依頼しなければ早期解決はほとんど難しいでしょう。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事