「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

離婚で財産分与等を不払いにする方法

ここ数日世間をお騒がせしていたい、高島政伸、美元夫婦の離婚がやっと協議離婚で落ち着きましたね。
裁判にまで発展していた夫婦ですが、高島側が訴えを取り下げたことにより、やっと離婚が成立したと言われています。

幸い二人の間には、子どもがいなかったようですが、現在日本でシングルマザーとして子どもを育てている数は、年々増加傾向にあると言われています。

昨年の調査によるとなんと70万8000世帯にまでその数は増えていると言われています。
シングルマザーがこれだけ増えているということは、その分離婚男子も同じくらい発生しているということになるだろう。

離婚後のシングルマザーらの生活は当然困窮し、現在深刻な問題となっている児童虐待に繋がるケースも少ないないそうです。
児童虐待だけでなく、母親ば子どもを道連れに無理心中をしているケースを含めるとその数は更に深刻です。

離婚を決意したものの、生活の苦しさや不安、孤独等色々な問題が発生し、結果選んだ道なのでしょうか。
最近では、離婚後のシングルマザーの実態や、離婚をすると慰謝料や養育費、その他もろもろな財産を妻に奪われて、挙句の果てに子どもにまで会えないといったマイナスのイメージが強いことから、男性の結婚願望が薄れていると言われています。

離婚費用をできるだけ押さえたい

しかし離婚はそれほど深刻な問題ではなく、夫婦としてどうしても協力できないのであれば、その選択肢もあって当然のことなのです。

いろいろな問題が発生しているからといって何も結婚に二の足を踏んでいる事はないのです。
例えば、離婚費用を心配している方がいたとすれば、協議離婚で解決すれば問題はないのです。

協議離婚は、ただで離婚用紙をもらい、お互いの意志が合意すれば、問題なく離婚が成立するのです。
円満に離婚問題が処理できれば、離婚後、子どもとの面会もできますし、また新しい道を歩むこともできるでしょう。

ただ財産問題や養育費、その他慰謝料について、離婚後のトラブルを避けるためには、法的効力のある公的証書を作っておくようにしましょう。

この費用が若干かかりますが、後々のトラブルを回避するためと考えれば高い費用ではないと思われます。

財産分与、慰謝料には時効がある

財産分与や慰謝料を払いたくないというのであれば、時効を利用してみるのはどうでしょうか。
財産分与に関しては離婚後2年、慰謝料は離婚後3年という時効が設けられています。

例えば、どうしてもこれだけは隠したいという財産がある場合には、向こう2年は妻に見つからないように努力しよう。
そうすることで、時効が成立し財産分与でとられる心配もありません。

また不倫相手との間にできてしまった隠し子がいる場合にも、絶対にバレないようにする必要があります。
万が一その存在がバレてしまうと、莫大な慰謝料を請求される危険性があります。

しかし男としてここまで卑劣な事をしては、離婚されても当然かもしれませんが、どうしても離婚の際に費用をかけたくないというのであれば、このような方法も可能ということを覚えておきましょう。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事