「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

離婚でもらえるお金の重要性とは

「こんな人と一瞬足りとも一緒にいられない」と感情的になって、離婚届けに簡単にサインする人もいますが、そんな感情的な判断は要注意です。

とにかく離婚を成立させたい一心で、他の事を後回しにしては、思いがけない困難にぶつかる事が多々あるでしょう。
夫の浮気や暴力、ギャンブルやアルコールなど様々な理由で、我慢の限界が迫っているからこそ、冷静に対応しなければならないのです。

離婚という決断をしたときに、やるべきことを冷静に考え、納得のできる方法で離婚届けを提出するようにしましょう。

離婚でもらえるお金があるって本当?!

離婚後は、夫婦の収入が別々になるのですから、これまでどおりの生活を維持する事は当然出来ません。
安易な離婚は、離婚後の生活を困窮させ、これまで以上に辛い人生を歩むことにもなりかねません。

せっかく苦渋の決断で離婚をしたのですから、今度こそは幸せな人生を歩むべきなのです。
そうするためにも離婚後の生活を見据えた計画を立てて、離婚問題に取り組むようにしましょう。

どんなに気丈にふるまっても離婚というのは、精神的なダメージを大きく与えてしまいます。
離婚するまでに肉体的にも精神的にもダメージを食らったままでは、次にステップに進むことは難しいでしょう。

離婚後、精神的なダメージを克服し、新しい道をしっかりと歩んでいくためも必要なお金を確保できるようにしてください。
離婚で請求できるお金は、慰謝料や財産分与、教育費、その他年金分割等があります。

慰謝料とは

慰謝料はすべての離婚原因で発生するというわけではありませんので、注意をしましょう。
婚姻関係を破綻する原因を作った配偶者に請求出来るお金のことで、例えば、不倫や浮気、暴力などによって、精神的、肉体的に傷つきその苦痛に対し、損害賠償を請求できるものです。

その証拠を明らかにするためには、不倫をしていたという決定的な事実や暴力によって受けた傷、診断書等を準備する必要があります。

明確な証拠がない場合には、判断することが難しくなりますので、慰謝料の請求を却下されることがあります。

財産分与とは

婚姻関係にある期間中に夫婦が協力して築き上げた財産を離婚の時に分与するというものです。
例えば、結婚後にはじめた定期預金や保険、新築の建物や土地などは、例え一方の名義であっても夫婦ふたりの共有財産となりますので、離婚の際に分与する必要があります。

養育費とは

夫婦の間に子どもがいる場合には、養育費の問題も発生します。
夫婦が離婚するのとは、全く無関係に子どもの親であることに今後も変わりがありませんので、子どもと離れることになっても養育費として支払わなければならないのです。

これは親の当然の義務であって、離婚という状況になっても親と同等の生活を維持する必要があります。
これらの問題をしっかりと解決した上で、離婚をしなければなりません。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事