「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

離婚それとも修復?夫の気持ちを確かめる2つのポイント

夫や妻から別れたいという言葉を聞いた時、その気持が本当なのかはたまた現実からただ逃げたいだけなのか、離婚をキッカケに夫婦のあり方をもう一度改めて考えてみるのはどうでしょうか。

配偶者から離婚を言い渡された時、感情的になって決断を下すのは絶対にいけません。
本当に別れたいのか、真実を確かめる勇気も必要です。

もしも本当に夫婦として修復が難しい場合で、協議離婚をとるのであれば、別れるためには、夫婦の合意が必要となります。
しかし一方に別れる意志がなければ、協議離婚で解決は難しくなるでしょう。

その場合、じっくりと時間をかけて合意を目指すかもしくは調停や裁判で離婚をする方法があります。
ここで最も重要なのは、自分の気持ちが本当に離婚なのかを判断することです。

夫婦の問題を他人に相談した場合、まわりの意見に振り回されて自分自信の気持ちを見失うケースもあります。
配偶者やまわりの人の意見だけでなく、自分自信が何を思って離婚をしようとしているのかを考えなくてはいけないでしょう。

夫が離婚に応じない場合

逆に夫がどうしても別れたくないと言った場合、夫にもう一度チャンスを与えることも大事なことだと思います。
夫が修復を求めてきた場合は、その気持に嘘偽りがないかも見極める力が必要です。

離婚を焦っても全くいい事はありません。
愛しあって結婚をしたのですから、離婚という危機を乗り越えた先に確かな夫婦の形が見えてくるはずなのです。

夫の気持ちを確かめるポイント①

万が一離婚をつきつけた夫が修復を求めてきた場合は、離婚の原因を作ったことに対し、心から反省しているのかをチャックしてみよう。

例えば、浮気や借金、ギャンブルなどが原因で妻から離婚を言い渡された場合、もう二度とそのような事はしないと心底誓っているのかをじっくりと観察してみましょう。

離婚の原因はお前にもあるんだぞというような言葉を発したら、修復してもまた同じ事の繰り返しになる危険性が高いと判断できますので、きっぱりと離婚を決断しましょう。

夫の気持ちを確かめるポイント②

修復を求めてくる夫が、もう一度昔のような関係を取り戻したいという気持ちがあって修復を願っている場合には、離婚をせず、もう一度だけ夫婦としてやり直してみるのも良い方法だと思います。

互いの事を必要とし、心から愛し合っていた時を思い出し、これまでの悪い点を改善したいという気持ちが表れているのですから、夫にチャンスを与えてみるのも悪く無いでしょう。

ただ、修復を求めている夫が、妻がいなければ生活をすることができないと依存している場合には、この先の夫婦関係がよくなる事はありません。

夫にしてみれば、身の回りの世話をしてくれる妻がいることは大変便利かもしれませんが、妻は一生夫の世話役をしなければならないのです。

それが嫌で離婚を決意した場合には、二度夫と復縁はないもとし、離婚を決断してください。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事