「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

離婚した後に金銭問題で困らないようにしておく方法

結婚というのは、いろいろな準備やお金がかかって本当に大変ですが、その先に幸せな人生があると思えばどうってことないでしょう。

しかし離婚の場合、時間も労力も必要な上、この先に待ち構えているのは、不安や恐怖、孤独などなど。
精神的なダメージが大きい離婚ですが、離婚後少しでも苦労を軽減するために、決めるべきことがしっかりと決めておくようにしましょう。

特に金銭面の問題をはっきりさせておかない方は、離婚後、大変辛い人生をおくっている事が多いと言われています。
こんな最低な人とは、一刻もはやく別れたいと強く出たものの、ろくに話し合いもせずに別れてしまうと、離婚後後悔するでしょう。

離婚後の生活をできるだけ安定させるためには、お金の問題には、真剣に向きあうようにしてください。

専業主婦の離婚後の実態

例えば専業主婦として家族や夫のために頑張ってきたという方で、女としての自分の人生を取り戻したいという気持ちで離婚を決意する方もいます。

しかし、そのほとんどが女を取り戻すどころか、結婚当時と同じ生活水準を安定させる事ができず、化粧品もろくに買えないような困窮した生活をおくることになっているといいます。

こんなご時世、手に職を持たない人は、仕事を見つけることも難しく、途端に生活の術を失ってしまうのです。
ドラマチックに「人生を取り戻したい」なんて、啖呵を切っても無理なものは無理なんです。

取れるものは取るの精神

離婚後の生活に出来る限り困らないようにするためには、離婚で発生するお金についてしっかりと考えてみましょう。
例えば、夫の不貞行為やギャンブル、暴力などが原因で夫婦関係が破綻した場合には、精神的な苦痛の代償として慰謝料を請求しましょう。

慰謝料でもらえる一般的な金額は、30万前後といわれていますが、専業主婦が仕事を見つけるまでの間は、1円であっても大切なお金であることを忘れないでください。

次に財産分与を考えてみましょう。

財産分与とは、離婚の原因がどちらにあったにせよ、関係なく分ける事ができるものとなっています。
また一方の名義であっても、婚姻期間中に蓄えたものであれば、夫婦共有の財産となりますので、分与することができます。

慰謝料の請求が難しいという場合には、財産分与で金銭が確保できないかどうかを確認するようにしましょう。
さらに年金分割がありますが、法改正後、離婚後でも夫の年金の一部が分割してもらえるようになっていますので、年金を取得出来る年齢に達した時に、しっかりと受給できるよう対処しておきましょう。

貰える額については、結婚期間中に支払った保険料に対する夫婦合計の年金額が最大半分までとなっていますので、婚姻期間が永ければ長いほどもらえる額も多くなるでしょう。

お金なんてどうでもいいと思わず、新しい人生をもう一度歩くためにも取れるものは取ってから離婚するようにしてください。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事