「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

最近の離婚の形

少し前であれば、離婚ということを周囲の人にバレないようにしているほど、恥ずかしい事として認識されていましが、最近では、離婚がそれほど特別なことではなくなっているような気がします。

1度や2度の離婚は、珍しいことではなく、経験豊富な人とした評価の仕方もあるようです。

離婚をラフな感じて取り扱っていることからも特に若い人を中心に離婚率は増加していると言われています。

更に熟年者の離婚率も増えているなど、少子化がささやかれる日本では、もはや為す術はないのでしょうか。

最近の離婚の実態

先日某テレビ番組で紹介されていたとあるカップルの様子には、本当に驚きです。

一見華やかなパーティーでも始まるかのような雰囲気の会場。

そこには多くの友人や家族、親族、職場の上司など親しいと思われる方々が参列し、これからまさに結婚式でも行われるのかとおもいきや、なんとそこで離婚パーティーが開催されているのです。

結婚式ではなく今や離婚式というものが注目されているようで、神社やホテルなどなど夫婦想い出の場所で、関係者を招いて離婚披露宴を行うというのです。

離婚というのは決して楽しくもめでたいものでもありません。

出来る限り周囲の方に知られないようにするのが、本来のイメージなのですが、最近では離婚を隠すという事はもはや時代おくれになっているようです。

堂々と離婚式を開き、多くの人の前で夫婦の関係をスパっと解消することで、また新しい道を歩む決意をするというのが目的のようですが、招待されている人も結婚式も、離婚式もなんだか大変そうな印象もうけますよね。

離婚式の内容とは

離婚式は、結婚披露宴となんら変わらず、様々な催し物が行われます。

例えば、離婚についての夫婦それぞれの意思表明や離婚に至った経緯などが細かく説明するそうです。

その他にも結婚式ではウエディングケーキをカットするという儀式が行われましたが、離婚式では、夫婦の結婚指輪をハンマーでおもいっきり叩き割るなどのパフォーマンスが執り行われます。

見ている方が、悲しんだほうがいいのやら、楽しんだほうがいいのやらなんとも複雑な心境ですが、円満離婚の究極の形ともいえるのかもしれません。

離婚で裁判を定期したり、泥沼の展開で長期化している夫婦の事を考えると、離婚式を開き、気持よく離婚をした方が二人の将来のためには良いのかもしれませんね。

確かに結婚というお披露目があるのですから、祝福して頂いた方々には、離婚を報告する義務もあるのかもしれません。

ちなみに離婚式には、結婚式でわたした祝儀は返してもらえないのだそうです。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事