「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

DVから逃れる方法とは

夫や配偶者の暴力・DVが原因で、離婚を決意する方が年々増加していると言われています。
しかしながら暴力があるからといってもすぐには、「離婚」という道を選択できない人も多く、一時的に生活を別々にし、何かしらの対応する方もいるようです。

ただ意味もなく何度も何度も配偶者や家族に暴力をふるい、支配する人の行動は簡単に治す事はできないのが現状です。

DVの被害で悩んでいる人は、誰にも相談出来ない事が多いようですが、決して一人で悩まず、専門機関に相談することが一番の解決方法となります。

第三者を入れ、話し合いをする事で、これまでのつらい状況から逃れる事もできますし、大切な家族がバラバラにならない方法を導きだす事もできるはずなのです。

DV・暴力を治す方法

暴力を振るわれているにもかかわらず、離婚という道を選択出来ない人の中には、「いつかはDVが治ってくれるのでは」という切なる願いを抱えていると言われています。

確かにDVを治す方法は、ゼロではありません。
加害者である男性が、暴力を振るっている状況を悪いことだと自覚する事で、改善の糸口を見つけることはできるでしょう。

暴力が悪い事だというのは、一般的に当たり前の事なのですが、DVが悪い事だと理解出来ないからこそ、簡単に配偶者に手を上げてしまうのです。

DVをしている人の中には、「なぜ自分が責められているのか」と疑問に感じている人もいると言われています。
つまり大切な妻や家族に手をあげ、恐怖心を与えているにもかかわらず、自分がDVの加害者であるという自覚すらない人も実際に存在するのです。

暴力を振るっている配偶者に対し、「加害者である」という自覚をさせることが先決で、それができなければ、いつまでたってもDVという悲劇から逃れることはできないでしょう。

暴力を振るっているという事に対する罪悪感に気づいてもらわないと、被害者である妻や家族がどんなに説得しても行動を改善することは不可能で、暴力は、ますますエスカレートする危険性があります。

DV夫と離婚という道を選択せず、このまま夫婦として生活をしたいのであれば、暴力が悪いことで、DVの加害者であるという罪を認めてもらうしか方法はありません。

ただそれを成し遂げるのは、DVに対する知識の乏しい身内だけでは、非常に難しく、成功する確率はとても低いといえます。

離婚や離別が最大の解決方法

残念ながらDVをしている男性のほとんどに、罪の意識は、全くありません。
自分が悪いことをしているという自覚がないからこそ、大切な妻や子ども、家族に対する暴力が簡単にできるのです。

暴力を振るっている事は悪いであると自覚させようものなら、いろいろな理由をつけて、配偶者に責任を転嫁する行動をとるでしょう。

一方で、長年暴力を受けている人は、「自分が悪いんだ」という誤った意識を持つようになります。
それに加えてDV夫は、他人の前では「自分が悪かった」と反省している素振りを見せ、時々優しい言葉を欠けることもあります。

しかしこの行動こそが、DV夫の特徴の一つであって、それを真に受ける事がどれだけ危険であるのかということを忘れてはなりません。
DVをしている人というのは、相手の痛みを理解する能力にかけていますので、一筋縄では改善することは出来ないのです。

DV被害で長い間、悩みを抱えている人は、第三者に相談をし、離婚という道を選択することが一番の解決策になると思います。
今すぐ結論を出すのが難しい場合には、しばらく距離をおき、別々の環境で離婚に向けて冷静に考えてみるのはどうでしょうか。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事