「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

後悔しないための離婚の基礎知識

離婚は、結婚をすることよりも10倍苦労すると言われています。
書類上離婚を成立させるためには、これまで二人が築き上げてきた財産のことや夫婦二人の大切な子どものこと、その他もろもろの事を話しあわなければなりません。

夫婦を長く続けてきた分問題は、山積みです。
しかもコツコツと積み重ねてきた問題ですから、そう簡単に解決することはないでしょう。

その場の感情だけで、行動してしまうと離婚後後悔だけが残ってしまいますので、離婚等問題にしっかりと向き合い、冷静に対処しなければなりません。

納得のできる離婚を成立させるためには、それなりの情報を入手し、多くの知識を習得しておくようにしましょう。

離婚の種類について考えよう

離婚といってもその手段は、大きくわけで4つの方法があります。
すぐに裁判という印象を持っている方もいるようですが、離婚裁判を起こすためには、それなりの段階を経なければなりません。

全離婚の8割以上の方がとっている方法が協議離婚です。
協議離婚とは、夫婦が離婚の合意し、すべての問題をクリアにしたことで書類上に捺印とサインをし、市役所に提出すると正式に離婚できるというものです。

離婚理由を記入することも、費用も特別に必要ありませんので、夫婦が離婚に前向きであれば簡単に婚姻関係を解消できるでしょう。

しかし、財産問題や子どもの親権問題、慰謝料等でもめた場合には、協議離婚が成立出来ませんので、家庭裁判所へ調停を申し立てる必要があります。

離婚調停は、感情的になり話し合いが一向に進まない夫婦の間に調停委員という方を入れて、それぞれの意見を聞き、離婚問題を解決するといった方法です。

夫婦の間に介入することで、冷静な話し合いが出来るようになるでしょう。
月に1回の話し合いを半年程度かけて話し合いが行われます。

それでも離婚の話し合いが成立しない場合には、審判裁判が行われその結果に対し、異議申立てをすると裁判離婚となります。
裁判になると一般公開となりますので、プライバシーはおろか1年以上の時間を要することになりますので、肉体的にも精神的にも大きなダメージを与える事は避けられません。

夫婦だけでなく、子どもやそのご家族を巻き込むケースもありますので、出来る限り避けてたおきたいものですよね。
弁護士などに依頼するとかなりの費用がかかることも予想されますので、離婚問題は解決するものの、多くのものを失う場合もあります。

離婚という決断は、決して悪いことではありませんが、それを成立させるためには、夫婦生活がながければ長いほど体力的に消耗する事は間違いありません。

時に相手を罵り、罵られれることもありますので、本当に辛い状況となるでしょう。
そのような状況を作らないためにも夫婦関係が悪化しだしたら、問題が深刻化する前に改善出来る点はすみやかに改善するようにこころがけてください。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事