「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

ゆるやかに増加傾向の熟年離婚ついて

ゆるやかに増加している熟年離婚の実態

離婚問題というのは、あまりにも多くなりすぎて、それほど驚くことも少なくなっています。
それほどまでに増加傾向にある離婚ですが、最近さらにその傾向に変化があります。

これまでの状況では、結婚5年未満の夫婦が離婚を決意しているケースが多かったようですが、最近では結婚20年といういわゆる熟年離婚が増えているといわれているのです。

長年夫婦の形を維持してきた男女ですが、子どもが成人を迎えたり、夫の定年をきかっけに、自分の人生をもう一度やり直したいと考える女性からの離婚が多いようです。

ただ若い人や結婚歴が短い夫婦の場合と違い、熟年者の離婚には多くの問題が考えられます。
離婚を選択することは、間違った方法ではありませんが、考えているよりもはるかに厳しい状況であることは間違いないでしょう。

若い人であれば、もう一度仕事をし、再スタートを切ることも難しくはありません。
しかしある程度の年齢に達した女性の場合は、仕事を見つけることも、一人で生活をしていくことさえも全てにおいて困難を極めるでしょう。

それをも覚悟してどうしても熟年離婚に踏み切る場合には、離婚時に発生する金銭に関する問題は、しっかりと決めておく必要があります。

お金の問題について

熟年者の離婚の場合に発生するお金の問題は、非常に難しく、そう簡単に解決出来るものではありません。
特に夫婦で築き上げた財産が多い場合には、処理が面倒だからとあえて離婚を選ばず、別居という形をとっている夫婦もいるようです。

それほどまでに難しい問題が山積みですから、夫婦だけで話し合いを続けるよりは、弁護士など専門家を交えて解決するようにしましょう。

特に定期金については、離婚1年後には未払いになるケースが全体の8割以上と言われていますので、慎重に話し合いをしなければなりません。

離婚の際に決めた内容については、その後トラブルを回避するためにも公正証書など書面化しておくように注意をしましょう。

熟年離婚後の生活とは

熟年離婚を切り出すのは、多くの場合、専業主婦であった女性が多いと言われています。
しかし専業主婦として外で仕事をすることもなかった女性が離婚後一人暮らしをはじめたからといって、簡単に楽が出来るわけではありません。

まず直面するのが収入面の問題で、仕事を見つける事の難しさや人間関係の問題に多くの女性が直面し、ひきこもりになるケースも少なくありません。

一方残された男性の方は、これまで身の回りの世話をすべて妻に任せっきりだったころで、料理や洗濯がままならず、離婚後体調を崩したり、寂しさからアルコールにはしるケースが多いと言われています。

熟年離婚には、多くの問題がありますので、本当に離婚をしていいのか、よく考えて行動するようにしましょう。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事