「離婚をする」「離婚をしない」「離婚回避」「やり直す」について考えるサイト

menu

離婚を考える

スピード婚とスピード離婚の関係とは

スピード離婚

30代前半の離婚があまりにも多く、スピード婚という言葉が誕生し、社会現象となっています。
若いカップルは、結婚後数ヶ月で別れてしまうケースも多く、その期間は年々短くなっているといわれています。

できちゃった婚の場合でも、子どもが誕生し1,2年程度では離婚を決意しているというから驚きですよね。
以前に比べると離婚率というのは、少なくなっているものの、初婚の離婚のうち約2割は、結婚後5年以内では、発生しているというのです。

スピード婚という言葉が浸透している昨今、2年以内で離婚を決意する方も多くなっており、あまり驚くような事件でもないほどです。

スピード離婚の原因とは

あれほどまでに愛しあった二人がなぜ、結婚後数年足らずで離婚を決断してしまうのでしょうか。
理由の一つに結婚というものに対する過度の良いイメージを持ちすぎているというのがあります。

結婚という形に過剰なまでの夢を抱きすぎる為、結婚後自分の思い描いていたものと現実との差があまりにも大きすぎてしまうことで、なんとなく冷めてしまうという事がスピード離婚の原因の一つなのです。

その他には、結婚というものに対し、それほど深く考えてないケースもあります。
なんとなくその場の雰囲気に押されるがままに結婚はしたものの、それが現実になった途端、急に不安になったり、窮屈になってしまうことで現実から逃げるように離婚を決意するのです。

このタイプのカップルは、比較的交際期間も短くスピード婚になりやすい傾向にあります。

交際期間1年未満のスピード婚

交際期間が1年未満と短いのに、結婚に至るカップルには2つのタイプがあります。
直感的に結婚を決めるタイプと、現実的に結婚を決めるタイプです。

その場の雰囲気や自分の盛り上がった感情におされるように結婚を決めた人と、「わたし何歳までには結婚をして、何歳までには子どもを生む」と計画的に結婚を決めるタイプの方は、交際期間も短く早急にゴールをする傾向にありますが、このタイプのカップルは、比較的離婚率も高く、スピード離婚に繋がりやすいと言われています。

交際期間3年以上のカップルの結婚

交際期間が長いカップルの場合、結婚に至るまで気ままに旅行を楽しんだり、友人との付き合いや仕事などそれぞれのプライベートを楽しみつつ、互いの関係も充実させている事があります。

カップルの年齢にも左右されますが、年齢が高くなればなるほど婚期が遅くなる可能性もあるでしょう。
結婚という形にはまってしまうことで、なんとなく今の関係が壊れてしまうのではないかという不安から結婚に踏み切る事ができず、そのままずるずるとした関係に進む事があります。

さらに結婚後、これまでの二人の関係が崩れることで、離婚を決意するのも早いのがこのタイプのカップルの特徴です。

離婚したくないのに相談出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!

など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚をしないための相談【復縁メール相談】

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚回避「離婚危機を修復する方法」

離婚したいのに出来ずに悩んでいる方

  • 離婚をしたいけど、取り合ってくれない!
  • スムーズに離婚できるのか心配!
  • 「親権」はどうなるの?
  • 離婚の手続きはどうやるの?
  • 慰謝料や財産分与について知りたい!
など、離婚をしようとしているが、まだ出来ずに悩んでいる方、初めての離婚問題で、どうしたらよいか迷っている方はこちらを参考にしてください。

「離婚問題」や「離婚の悩み」を解決する為の無料相談


関連記事